« お見舞い申し上げます | トップページ | ひなめぐりの続きだよ~ »

2011年3月26日 (土)

高取土佐町なみ・町家のひなめぐり

 春の暖かさはどこへ行ってしまったのか?
また冬に逆戻りな寒さに身体はいじけてしまうよ~

風が強く吹くと梅の花びらがハラハラと落ちて、もうすっかり何もない枯れ木のような感じ

電線をうならせる風に怖気付いて、今日は家でゆっくりとしたい気分です

でもため込んでしまった買い物のレシートの山にうんだりしながらも片付けなくてはね

 今週は何か知らないけど、家でじっと家事をしましょうという落ち着いた週ではなくて、パタパタとしていた気がする、さらにひさしぶりのケガに毎日の病院通い、当分通院しなくてはいけないようなので、来週もバタバタとするのかな?

            1103240023sh023

 高取 土佐町なみ 第5回「町家のひなめぐり」 に行って来ました

毎年、3月の1ヶ月間午前10時から午後4時までの間、高取城下の土佐街道で代々受け継がれている各家庭の大事なお雛様を飾ってくださります

通りから眺めたりちょこっとおうちの玄関に入らせていただいて見せて貰います

期間の初めにはいろんなイベントもあるようです

上の写真はメイン会場の「雛の里親館」に飾ってあるたくさんのお雛さま

          cherryblossom               cherryblossom            

 私はいつもお彼岸にお墓参りに実家へ行き、その時にいっしょに歩いてきます

車はいつも吉野ストアーの駐車場に止めさせてもらいます(帰りにはちゃんと買い物して帰ります)

何度行ってもお雛さまのかわいらしさに癒されて、テクテクと少しのぼり加減の道ですが道すがら出ているお店の中をのぞいたりして、女同士親子の会話は尽きません

 

              1103240016sh016

 皆それぞれ、おうちの出窓にかわいらしく飾ってくださっています

             1103240021sh021

 最近、こんなのが流行っているの?

たくさんの手作りの飾り物、どんなふうに作ってあるのかわからなかったけど作ってみたい

             1103240025sh025

 おひなさまのそばに飾る市松人形に豪華な打ち掛けかな?

お雛さまも由緒正しい昔のものもあって、一見の価値ありです

時代の流れと言うのかお雛さまの移り変わりも感じることができます

            1103240013sh013

 今年はいつまでも寒い、春を思わせるような陽気の日もあるのに今日の寒さは薄着にトライし始めた身体には堪えます

暖かな陽気に昔、武家屋敷が並んでいた名残の町なみをゆっくりと歩くのも気持ちに少しリセット効果があるかもしれませんよ

朝掘りの筍も春の野草、つくしも出ていました

匂いに釣られて買いそうになったこんにゃくの田楽やみたらしだんごのお店、手作りの品や特産品が並ぶ通りにまた来年も遊びに来たいと思いながら後にしました

  いつもありがとうございますhappy01

 今回は、ちょっとおでかけしてきたのに書けないかなぁと心配していました

水曜日におちょこちょいの私は、慌てて走っていて道路の端でこけてしまいました

信号で止まっている車の横反対車線の端は、道路が橋になっていて土がいっぱいたまっていました 履きなれないつっかけで慌てた拍子にどんな風になってこけたのかわからなくて、宙に浮いた感じで気づいたら右手の手首に近い手のひらをズルズルにしていました

じっとりと滲んでくる血と足の痛み、信号で止まっている車を見ると痛そうな顔をしたおっちゃんの顔に早く起き上がらなくてはと立ち上がって家に帰りましたが、傷を見るたびに寒気がして、水道水で流し洗いも湧き出る血にちょうどいた次男君に助けてもらいました

消毒薬をつけてもらい、病院にと思いましたが、お昼前だけに受付も終わっているので家でこまめに傷を洗い流していました

夜にお父さんに傷を見せたら感染症が怖いしちゃんと病院に行かないとダメと促されて毎日外科へ、でもちゃんと診てもらっている安心感でどんなにキシルが出ても安心

最近の治療も私たちがこどもの頃にしていたのとは違って、今は洗い流したらキシルを温存させて、キシルの中にある自然治癒力に任せて治すらしいです

 ケガをした当日はあふれ出るキシルと血、更に肩から指先までジンジンとした疼痛に悩まされて、何もできない自分に歯がゆい思いをしました

幸い、次男君は気が良く付くので晩御飯から片付け(お兄ちゃんは片付けだけ)まで、どうにかやってくれて助かりました

炊事をしてもらっただけでも嬉しかったです

反抗期のあった辛い時期を経て、今は少し自分のできることと人を気遣う優しさを見せてくれたことがケガをしたことで見つけ出せた収穫です

まだ、ケガは傷ふかくしばらくかかるようですが、手抜きもありで毎日、笑顔をみせる母に~

いつも元気な母もたまにはケガをしたことで、家族からの優しい言葉や気持ちに少し野郎ばかりでもちょっとうれしい気持ちになりました

 今度はひなめぐりで歩いたあとにおいしいご飯を食べに行ったお店を紹介しますね

被災されている方々には、申し訳ありませんがお許しください

また、遊びに来てくださいね

では、皆様も身体には気をつけてお過ごしください

にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

« お見舞い申し上げます | トップページ | ひなめぐりの続きだよ~ »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

大丈夫なのですか?
我が家の彼も以前にお昼休みのリクレーションでこけて(回転レシーブなんちゃって、やっちゃったんですhappy01)、暫く通院したことが有るのです。
やはり傷テープなどで覆わないほうが良いと言われて、昔とは治療の仕方が違うんだと感心したこともあったのです。
出窓のお雛様が一番可愛く写ってるね。上からぶら下がってるのは、「さげもん」とか言ってる物なのかな。最近良くひな祭りなどにお雛様と一緒に飾られているんですよね。
歴史の有る城下町などには「雛めぐり」のイベントなどあってゆっくり回ってみたいんですが、少し遠いから行けないの。
だから、皆さんののブログ記事で良いなぁと、満足しているねんねさんなのです。

お彼岸が過ぎたというのになかなか暖かくなりませんね。
こちら、昨日の朝はサッシが凍り付いて開きませんでした。
つい先日、ほころんだ梅も足踏み状態です。


お怪我の方、その後、いかがですか?
寒いと余計に痛むのかしら?
大事にしてくださいね。

出窓に飾られたお雛様、可愛らしいですね。
お雛祭りの風習も所変れば風変らずで勉強になります。
「ひなめぐり」 いいな~。
私も、一度ゆっくりと巡ってみたいです。


 ねんねさん、ありがとう~
思い出しました~
「回転レシーブ」そんな話もありましたね
彼様、その後リハビリにと調子はいかがですか

 「さげもん」っていうのですね
おひなさまに縁遠いわが家、見ているだけでもかわいいです

 PCができるようになってブログまで自分の信じられない進歩にただ歓心です
よそのブログにおじゃますることでいろんなことを知りえることも本当に素晴らしい出来事を運んできてくれました

 

 ゆうきさん、ありがとう~
ケガも毎日病院へ、お休みの日も診てくださるので回復も早く、ただ回復と同時に家事も手加減せずにすると患部が痛んでまだ無理は禁物なんて思い知らされます

 今日ぐらいからよいお天気でこちらは暖かな日差しがいっぱいです
張り切ってたガーデニングも当分お休みで悲しいです

 関東の方はこちらの飾り方とは違うので私もそちらのお雛さまを飾っていらしゃるイベントにいつか行きたいです
子どもが大きくなっても年に一度出してあげる、お雛さまを飾ることが季節感や家族の思い出をひも解くステキな行事だといつも感心しています

 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お見舞い申し上げます | トップページ | ひなめぐりの続きだよ~ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ