« ちょっと愚痴ってしまいました | トップページ | 春の嵐の中で・・・ »

2013年3月30日 (土)

物思う桜の夜に・・・

  今日はお花見びよりのいいお天気でした~cherryblossom
花冷えの寒い日が続いて、薄着になりかけてたのにまた着込んでとその日の気温に合わせての衣装替え~
衣替えにはまだ少し早いけど、厚いコートはもういらないです
これからクリーニングに出したり家で洗濯できるものはまとめてお天気の良い日に竿にたくさんの洋服が並びます
冬の間は掃除も大雑把、なるべく冷たい水に触りたくないから拭き掃除はお休みの日が続いていました

 これからは細かな埃も掃除して梅雨になるまでにカビ対策も・・・
イネ科の花粉が飛ぶ5月からの花粉症までには部屋の掃除もばっちりにしておきたい
でも、今の私は2月後半からちょっとたまっているレシートの束と雑多な用事に振り回されてガーデニングもできずにいます
お天気が続くと草むしりがしたい、雨が降るとレシートとにらめっこしたい、なのに違うことばかり
早く頭の中にたまっているメモのような走り書きをどこかに記さないとパンクしそうです

 今日は、朝からふらふらと近所の公園の桜の様子を見がてらウォーキング notes
ちょっと歩くだけでこんなに気持ちが良いなら毎日でもしたいって思いながらのテクテクshoeshoenotes
公園の桜は高い所が虫にやられてしまって花がついていないかわいそうな様子
桜の木を覆いつくすようにピンクに縁どられた独特な雰囲気がなくて残念です
まだつぼみの多い感じだったけど、ほのかな桜の写真はばっちりですcamera

20130330_025s6

  東京では「もう桜も散ってしまった」とニュースで聞きました
4月の入学式にどうにか残っていてくれそうですが、もう幼稚園の頃のように母と一緒に写真を撮るために並んではくれなさそうな息子・・・
私、ひとりがちょっとおしゃれに着飾って撮ってもらってもお見合いにもつかえない、まだ終活用には早いしね


         20130330_029s7

 公園への道を歩きながら見つけた西洋たんぽぽ、鮮やかな黄色の色に遠くからこころ奪われながら花弁の白いたんぽぽの見つけられないことを少し寂しく思います
この西洋たんぽぽに押されてしまって消えてしまっていくばかり、自然淘汰の世の中、強くはびこるものが残っていくけど、またどこかで白いたんぽぽを見つけたいです


20130330_009s2

 かわいいピンク色のオキザリス、この子も鉢に入れて囲っておかなくてはあちこちに増えていくばかり・・・
花弁のこの巻き方はDNAの中に組み込まれたもので、自然に不思議ない世界の事だけど私には、小さな種や球根の中にある小さな組織の繋がりがどんな配列や組成をなしているのかが気になって仕方ない
もし、過去に戻ることができるのなら高校受験の終わった頃の自分に戻りたい
そして、バイオの世界に浸ることのできる勉強をしたいって思う
いくつになっても勉強はできそうだけど、今は頭が追い付いていかないし、レシートもちゃちゃと片づけられないから無理ですね

20130330_010s3

 もみじの葉っぱも今は紅葉しているかのようなシックな紅い色~
風薫る5月の頃にはこの紅い色が濃く深い緑となってさわやかな風に揺れます
風にはためく鯉のぼりももう揚げなくなってしまったけど、それは同時にこどもの成長の証なのかもしれませんね

20130330_005s1

 この時期にはめずらしくボイラーの音が気になって外に出てみたらガスの炎が見えるくらい近くをふわりと、ずっと目で追っている間にもう高く遠い所へ上がっていく熱気球
高い所が苦手な私にはとても無理な乗り物だけど、自分に羽があれば高い空からの眺めを楽しみたいなぁ

20130330_018s5_2

 最後にもう一枚、桜の花をプレゼント
もう桜の花を楽しんだ人もまだお花見に行けていない方にもここでお花見~bottle
4月に入るとすぐに入学式、新入生のイベントが迫っていて、息子の事なのに私までゆっくりと花をめでる時を持てないかもしれないと慌てて行ったぶらりとひとり花見~
今度はお父さんと手でもつないでゆっくりと散歩してみたいなぁ

   いつもありがとうございます happy01

 2月3月と何か時間のたつのが早くて、お正月からの3か月があっという間に過ぎた記憶です
こんなに早く時間が過ぎていくのが怖いくらい、毎日の自分の生活のふがいなさに歯がゆい気がしています
今日一日の自分の行動を問われたら私はきっとたいしたこともしていないのかも、でもそんな平凡な生活の中にも一日ゝを家族と平穏に暮らせることが大きな意味であるのかもと思うのも、お父さんの単身赴任のおかげかもしれないです

 お彼岸が過ぎるころに毎年来るつばめも姿を現し、夜が明けると同時に賑やかな鳴き声に朝の始まりを感じます
どうか雛が無事に育って飛び立つことができるようにと巣のしたから仰ぐことが毎朝の日課のようになります
これも宿を貸している親心のようで、つばめが旅立つときの旋回のお礼と翌年に姿を現したことで救われます
 
 ずいぶんと見かけなかった雀を最近、何度も見るようになってまた自然の理に何かが起きたのかもと思っています
時の流れとともに起きる事象の変化に人間は対応できるのかと考えてみたり、人の気持ちや行動にどう振り回されないように自分は生きていけるのかと小さなことにこだわりを持たないようにしているのにどこかこだわっているのかもと自問自答です
こんな時はお父さんにとめどなく話して、聞いてくれているだけで答えが見つかっていたような気がします
お互いに離れてみて、どのように感じているのかは聞かずとも分かり合えるのが不思議なご縁で結ばれた夫婦というつながりなのでしょうね
まだまだ、空気のような存在には遠い2人だけど、互いにもっと労わりあえる優しい関係になれるようにと思ってくれていたらいいのだけど・・・

  慌ただしく過ぎた3か月にいろんなことがあって、その何もかもに自分の力を試されているような思いでいっぱいでした
ひと息つく間もないくらいの毎日に身を置いている方がメリハリの時間でよいのかもと思いながらも振り返る時間も大切な気がしています
若い頃は自分が老いるということを考えたことはなかったし今の時間を楽しむことで精一杯だったのに、今の自分は老いる事を逆らえない時間というしばりの中に生きているような思いで、これから先の時間に何ができるのかと思ってしまいます
身近ではないけど年代の近い人が病に倒れることの辛さ、身に沁みる年代になってきました
限りある自分の未来に向かっての生き方を考えるのも環境の変化がもたらすことでちょっと自分の人生、考えてしまいました

  なんて、今日は哲学っぽい感じになったのでしょう~

しばらく活字離れが続いているので飽きるほど本を読みたくなりました

  また遊びに来てくださいね

にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

« ちょっと愚痴ってしまいました | トップページ | 春の嵐の中で・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今晩は
なんだか哲学的な内容にちょっと何かあったのかと心配してます
お義父様のご様子はいかがでしょうか?
生の喜びや死の恐怖に若い頃は真剣に悩んだことも有るのですが、もうこの年になってしまうと空気のように感じ、何でも受け入れられそうな感じに。
彼との間も透明な空気のようなものに・・・成っちゃったかも。
50歳になったら、そろそろ人生の終焉を意識し身の回りの整理に立ち向かうべきだとの文章を読んだことがあります
さぁ自分自身には当てはまるだろうか?
只今自問自答中
お花もアップにすると別な顔を覗かせるよね
西洋タンポポなど、エッと思うくらい別な花に見えましたよ。

3月30日に家内と桜の花見に行ってきました。
池の堤防に一本の巨木(幅・高それぞれ15m)見事な八分咲き、晴天の中、花が空に映え、つぼみははち切れんばかり。
その下で、ちらし寿司に缶ビールを飲み最高の気分。
池の周囲を散策、水と桜、遠くの山並み、この上ない美しい景色を見ることが出来た。

もえぎさん、近所の公園の花見に行かれ、全体に咲いていなくて残念な様子、しかし写真に5枚の花弁きれいにとれていますね。
今春は、何かと忙しく花見が出来なかったようだが、来年はすばらしい花見が出来るよう願っています。

もえぎさん、先々のこと考えておられる事、感心します。
いろいろ自問自答されているようですが、ご主人が単身赴任され、気持ちの発散が出来なくなったのかな。週末には帰ってこられるし、毎日携帯電話で何でも話しをされたら。
気持ちをおおらかに、余りこだわることもないと思います。
まだまだ老いのことを考える歳ではありませんよ。
人生の中で一番最高の時、先のことは、もう少しゆっくり考えては。

  ねんねさん、ありがとう~

 いつも朝のTV、ワイドショーなんかは見ないのですが、お天気が気になってつけたTVで、女優さんの訃報を見てしまい、ちょっとショックになっていました

 趣味の為に取ってあるちょっとした小道具が私には想像を膨らませることのできる宝物なのですが、家族からすればガラクタなのかもしれないといつも思っています
今は用事に追われて編み物も途中のまま、何をしていても手先を動かしていたい性分と大まかな感じでまとめられない性格は損です
まだ、子育てに時間を費やすのが多いのに、明日のわが身はどうなっているかわからないと思う自分にちょっと嫌気です
心配性なのかただの器の小さな人間なのかもと・・・

結局、人生も成るようにしかならない、それを決めるのは自分と
そんなところに落ち着きます

 たんぽぽも意外な顔で私も最初別の花のように感じていました

ねんねさん、いつもありがとうございます
 
 

  いきおいさん、ありがとう~

 ご夫婦でのお花見、羨ましい限りです
お天気も良くて缶ビールもおいしくいただけたようですね
今春は、どうも落ち着かないというか喜びごとなのですが、慌ただしい感じがまだ続いています
今日は入学式で、ちょっとくっついて行ってきました

 人生の中で幾度かのけじめの時期、それが今、多分私にも起きているのだと思います
歯痒いようなせつなさと引いて見守る気持ちに子どもの成長を少し胸を熱くしながら見ています

 「いくつになっても子どもに変わりはないのですが、子どもに心配される親」というのも情けなくて困った私です
単身赴任と子どもの受験などが絡まって少し気持ちが揺れてしまったようです
おおらかな気持ちでゆったりとした母に戻らねばと反省中です

 明日からは自分に厳しくまずは整理整頓、部屋の乱れは心の乱れ
掃除から始めます~

 いきおいさん、ありがとうございます

 こんばんは~。
青空に映える桜、綺麗ですね~。

 こちらは、ここ一週間ほど、花曇りな肌寒い日が続いていて、まだ衣替えに踏み切れずにいます。
今、桜は2~3分咲きと言ったところ。
満開になるまでに青空を望めたらなと思っています。

 昨日から新年度ですね。
息子さん、大学入学準備で忙しい日々を過ごしているのでは?
我が娘は、この春、高校3年生になります。受験生です
慌ただしい1年になること間違いなし。親としてしっかり踏んばらねばと思っています。

 タンポポ、綺麗に撮れましたね~。
鮮やかな黄色が目に眩しいです。

 

  ゆうきさん、ありがとう~

 桜も今度の土日にが最後の花見かな?
雨が降ると寒くなってまたもこもこした衣類が恋しいです
桜の花、お天気が続くといいですね

 昨日、入学式でした
この1週間はいろんな行事が続いていて大変そうです
毎日、いろんなことを話してくれて友達作り、サークルことなど考えることがありすぎて、くたくたの様子です

 お嬢さん、受験生ですか
一年の過ぎるのは早くて、あっという間に過ぎてしまうのですが、受験の一年はまた格別に早く感じます
親子の正念場ですね

 たんぽぽ、黄色がきれいですよね
今日も散歩がてら見てきました

 春は黄色の花がまぶしいですね

 

息子さんのご入学おめでとうございます。桜に間に合ったかな? 新しい生活に慣れるまで母子で大変だね。

私の可愛い甥っ子も今週大学の入学式でした。中学高校とサッカー一筋で大変だったけど、推薦であっさり大学生になって、沖縄に旅行したり、免許もさっさと取って、もう車乗り回してました。

サッカーをしてる時は身体もきつかったのか、話もしないような子だったけど、開放感からか昔の明るくて可愛い子に戻ってました(^.^)

今年は息子が受験生、今度はお気楽ではいられないと思いながら、次々とコンサートの予定を入れる母です(*^_^*)

今日は雨・・・ 明日も大荒れになれそうですね。

  cocoちゃん、ありがとう~

 月曜日の入学式が終わってからの目まぐるしい生活、今日は泊まりで出ている研修から帰ってきます
明日は、ゆっくりできそうなのは本人だけ・・・
私は明日、早朝に出張に出るお父さんの送りで早起きです
まぁ、その後はのんびりしたいけどどうなるかなぁ?


 身内や親戚、お祝いがあると喜ばしいことですね
その前の張りつめたような緊張感は苦しいけど、解放されたらすっと~消えていくあっけなさです

 コンサートの予定の方がまだ勝っているかなぁ
一年間、振り回される受験ですが皆が通る至難の時だから仕方ないと割り切るしかないです
息子もこれから自分のしたいことに突っ走っていきそうで、やっと大学生になれた気分満喫かもしれないと思ってます

 親は後押し、見守る、それで幸せです

 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ちょっと愚痴ってしまいました | トップページ | 春の嵐の中で・・・ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ