« 春の香り~ | トップページ | 物思う桜の夜に・・・ »

2013年3月23日 (土)

ちょっと愚痴ってしまいました

  今日は曇り空でちょっと寒い感じ、雨が降ってくるのかな?
昨日、近くの堤防の桜が一輪だけ咲いているのを見つけて、「桜咲く」ってひとりごと
車で走れば、菜の花や辛夷(こぶし)の花が咲いて、ぽかぽかのおひさまで気持ちよい春です

 201303233_001s1

  お彼岸で行った実家の近くのこぶしの大きな木、彼岸桜も咲いている道を走ってきたけど、この大きな木のピンク色、一番に目立っています


201303233_016s5

  わが家のもっこうばらのつぼみも出てきました
やっと安心です、以前に一度だけ私の管理の仕方がなっていなくて花を咲かすことなく過ぎていってしまった年があります
あまりの成長の良さと繁茂しすぎた枝にちょっと辟易して、無造作に時期を考えずに剪定したことが原因だったのですが、あれ以来剪定には気を使い、新芽が出て葉が出てきてもこのつぼみが出てくるまで気が気ではありません


 201303233_012s4

 今年、初めて育てています~
むらさきなばなって教えてもらったのですが、普通の菜花と比較したらすごく控えめなお花のような気がするのは私だけかな~

 小学生の頃、理科の教科書でなたねの花を例に花の成り立ちというのか構造を説明していた図から何となく生物が好きになった気がします
菜の花を見ると私の生物の原点はそこにある気がして、ガーデニングの原点もそこにあるような気がします

 201303233_010s3

  こちらの水仙、ちょっと花芯が豪華でしょ~
水仙のこと勉強不足で、花が終わった後にちょっと考えています
来年はどこか違う場所に植えた方がいいのかなって・・・
2~3年ぐらいプランターに植えているのですが、今年はどうやらこの子だけしか咲いていないです
他の球根は葉が出ているのですが、つぼみがないのか上がってきません、ずっと植えっぱなしにしてあるのがいけなかったのかなぁって思ってます

 この水仙だとちょっと話戻ってしまいますが、理科の花の構造難しそうに思えますね


201303233_006s2

  この薔薇はご近所のお姉さまに物々交換で戴いた薔薇なのですが、こんなにきれいな色になってすごくうれしいんです
つぼみの時は紅い色で、ひらいたらオレンジ色~
名前は知らないですが、カップ咲きのこんなかわいい花が咲くなんて思っていなくて、大事に育てなくてはという思いに駆られています



        いつもありがとうございます happy01

  日本列島の桜も開花宣言を耳にするのが増えてきました
この暖かさだとこの辺も4月に入る前に開花して早い入学式のところだと桜の花を背景に写真を撮ることができるかも~

 以前の記事でわが家にも受験生がいることをお伝えしていました
あれ以来、うんともすんとも言わずの私、内心、長くここへ来てくださっている方々にちょっとご心配をおかけしているよねって思いながらもなかなかよい話を載せられずにいて、すいませんでした
 やっと、京都の大学に決まり、4月から大学生です~happy01shine
ずっと理系の勉強をしていた彼なのですが、どこかに違和感を抱かえていたのか、ラスト1か月前に文系の勉強に替えてしまったのです
世の中は就職も理系の方が有利、さらに父親の威厳なのか父親の理系押しに負けていたのでしょうね
でもどこかで自分の気持ちに気づいての変更だったんですが、遅すぎだよ~ぉ~で、もう浪人生なのかもって覚悟していました
最後の踏ん張りがどこまできいたのかはわかりませんが、もう合格発表の日は歓喜!!
通知をもらった手が震えて、夕方まで肩から指先まで痺れていて、身体もうれしい疲労感に包まれていました
彼の10代は目標を達成した後、伸び悩み、挫折を味わい、新たな目標を掲げるまでの辛さとしんどさにもがき、今ようやく、新たな出発点に来たとのことです
これからもいろんなことが彼を待っていますが、乗り越えられると信じて見守っていきますよ~

 わが家は男性陣の方が人数的に多いので、家事的なことはすべて私の役割ですが、ここまで男の人って手が掛かるのかと思うくらいやっかいです
私の白髪が多いのはきっとこいつらの所為だよ・・・
特に最近、ひどいのがお父さん、もう何度もというか覚悟は決まっているとは思うのですが、慌てて溝にはまって泥んこで電車に乗れないから迎えに来てとか、赴任先まで帰ったけど、家の鍵を忘れたから途中の駅まで持ってきてとか、こちらの家に帰ってきて、持って帰ってくる荷物をどうしたかわからないって、どういうこと・・・・?
子どもからするとぷちボケどころじゃないよということらしいのですが・・・
私は入院中の義父の事でお父さんが奔走しているのと親との最後の時が近いということで微妙な心の揺れで変な行動が続いているのではないかと思うのですが、こんなにも動揺しなくてもいいと思うのだけど・・・・血がつながっていないから冷たいって言われて私は仕方ないけど、義母はもうちゃんと受け止めている姿に私は納得して見ているけど、お父さんってこんなだったのってちょっと男の弱さを垣間見た感じです

 昨夜もちょっと、いちいち聞いたらそれがうざく思ったのか、やつあたりのキレるでどうしようもないので、今朝は一度も口をきいていません
私も怒るときは怒りまっせpout、向こうは昨夜のことなど何もなかったかのような顔をして、「おはよ~」だと・・・
やつあたりで私は軽い打ち身、「ごめん」のひと言ぐらいが出るまで、私の底力を見せたるわ~女を怒らせたら怖いってことを・・・ってな具合で、妙な空気感が重いです

 今日はここへ来ない方がよかったなんて思わないでくださいね
ちょっと愚痴ってしまってごめんなさいです
私の気持ち、こんなことにはもう20数年付き合ってきたからまた、しゃないなぁ~ってくらいなんですけど、あまりにもやり場がなくて、みなさんに助けてもらいました
最後まで読んでくださってありがとうございました

 また懲りずに遊びに来てくださいね



  

にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

« 春の香り~ | トップページ | 物思う桜の夜に・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お兄ちゃんの合格おめでとうございます。桜も同時に咲きましたね。 もえぎさんの心労も大変だったでしょうね。お疲れさまでした。

それにしても世の旦那さま方は奥さんに甘えすぎ、頼り過ぎだよね。 たまには喝を入れないと・・・ でも、同じことの繰り返し。 母は不死身ではないのにね~

ちょっと早い桜は寒くて違和感が・・・ でも、今朝は一人でお花見、写真撮影に行ってしまいました(^.^)

春を迎え、色とりどりの花が咲き始め、山辺の景色や庭の雰囲気も変わり、もえぎさんあでやかなことでしょう。
桜の開花も例年にくらべ早い様子。満開の頃を見計らって花見を楽しもうと思っている。

子どもさんの大学合格、本当におめでとうございます。もえぎさんの歓喜の喜び、身に伝わってくるようです。今までの大変なご苦労、頭の下がる思いです。

ご主人のあわてた様子、夫婦の少しの言い合い、父の心配もあってのことかな。平素の仲の良い夫婦の様子、どうってことないですよ。

もえぎさんにとって、今春は良い年になりましたね。

  cocoちゃん、ありがとう~

 桜の写真、いいのが撮れましたか?
風が吹くとまだ寒い感じのお昼間、お天気の良い日に私も撮りに行きたいです

 一難去ってまた一難ってこれなのかな~
かんこじじいのわが家のお父さんは、怪我させたことについては渋々謝ったけど、その他のことについては負けというか自分の非を認めなくないから、またキレてました
どこまでも頑固で甘ちゃんです

 cocoちゃんちはパパさん、理解がありそうで家事も手伝ってくださっているように感じているのだけど?

どうなのかな~

 

  いきおいさん、ありがとう~

 今年の春は、もう目まぐるしい感じです
子どもの受験、単身赴任、義父の容体急変が何度あったかでお父さんが慌ててしまいます

 私もこんな年でなくのんびりとできる年なら落ち着いて花見もいいなぁって思えるのになぁ
例年、写真撮影も兼ねてどこかへ花見にこっそり出かけているのですが、今年はこっそりも無理かも~

 子どもの受験も本人が一番、大変で私は塾の送迎やメンタル面や健康の事に気を配っただけですよ
世間一般に、受験生の親と同じこと、ちょっと気がかりが多かっただけ喜びも大きいということですよね

 ストレスが重なると誰しも自分では予測できないことに巻き込まれることがあると思うのです
その対処方がうまいか下手か、多分、うちのお父さんは家ではそれがうまくできない
頑固で自分が一番的なとこがあるのだと思います
私もそれをうまくこねくり回せばいいのですが、どうにも回転が良すぎて相手の気分を悪くしてしまうような時があるのです
いつものようにぼぉっとしていればいいのですが、今年はいろんな面において、シャキとしておきたい気持ちがいけないのかな?

 まぁ、人間ですから喜怒哀楽があっていいのですけどね

 

 まずは息子さんの大学合格おめでとうございます。
もえぎさん自身もさぞかししんどかったことと思います。
母親業、お疲れ様です!
息子さんが充実した学生生活を送られるようお祈りしています。

 ご主人、お父様のお体のことと単身赴任生活で、心労が溜っているのでしょうか。
それにしても動揺し過ぎですね。
もう少し気をしっかり持ってほしいものです。
お疲れなのはもえぎさんも同じなのにね。

 以前にも個々のコメント欄に記しましたが、愚痴大いに結構です。
溜め込んでしまったら、もえぎさんが壊れてしまいますよ。
ここで、愚痴をこぼすことで、少しでも気持ちが楽になれたら幸いです。また遊びに来ます。

PS こちらでも桜のつぼみがだいぶ膨らみました。

  ゆうきさん、ありがとう~

 やっぱり私、強がっています
本当はものすごく疲れていました
推薦をもらって受験したものの良くなくて、それからの想像するのも嫌になるくらいの日々でした
子どもの事、そして義父の事考えるのも嫌になるくらい、でもじっと考えて落ち着いてこなしていくしかない、その毎日です
 
 お父さんの負担も私がこなせばいいのかもしれないのですが、介護に費やした15年を義母もお父さんも理解してくれない、嫁だから当たり前という考えに私もそれなら息子なら当たり前という考えになりました

 私がしない分、息子に負担が帰ってくるので、そのしんどさを私がしていたということにに置き換えて考えることができるのかという不安がありますが、私も限界なので甘い顔はみせませんよ

まだまだ、これからも生活は続くのですからお互いに労わりを感じられたら救いですが、今はお父さんにまだ自分は犠牲者みたいな感覚なのが見えています

 単身赴任のたびに、見えてくる家族の絆の脆さ、親として妻として嫁としての自分の立場を見据えて考える時期なのかもしれないです

 私のストレスは、ここでみなさん聞いてもらうことで救われています
ゆうきさん、ごめんね
文章にするだけでこんなにも気分が楽になるなんて、私は本当にうれしいです

 桜が咲いたらまた見せてくださいね

 

合格おめでとうございます
母親として、子供の晴れ姿を見ることは大変嬉しいよね
世の中良い事も悪いことも背中合わせ、ねんねさんも良い事悪いこと手のひらをヒラヒラ返すように経験してきた
男親は親の看護、介護などには及び腰なんだ。我が家も同じだったんだ。病院までは連れて行ってくれるのですが、病室には入らずじまい(あんたの親じゃんかangry
度胸がないというか、現実を受け入れられないとか・・・・男は甘ちゃんだよ
我が息子たちも同様なのかな?とちょっと思ってしまいます
愚痴なんて思わないよ、素直な感情じゃないですか、大いに結構。
言っちゃってくださいよ
大型(O型)ねんねさんしっかり受け止めますよ。ド~~ンと来いhappy01

  ねんねさん、ありがとう~

 大型ねんねさん、さすがに人生経験ありですね
ここで、いっぱい書いているうちにうっぷんも晴れてきました
家族の恥とかじゃなく私の素直な気持ち、自分の思いを受け止めてもらえるのが一番の癒しなのかもしれないです
わかってほしい家族にはいつか伝わると信じて、皆が良い方向に向くことだけを考えています

 ねんねさんのようにど~おんと構えていられるようになるのはまだまだだけど、皆が少しずつ理解、協力していくうちに何とかなるかな?

 とりあえず、私も甘いのかもしれないですが重い空気を取り払うために、普通に話すことは始めました
どちらかが折れないといつまでたっても変わらないし余計に重苦しくなるのはしんどくて・・・

また男を甘やかしてしまいましたcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春の香り~ | トップページ | 物思う桜の夜に・・・ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ