« 別府旅行(酢屋の坂~商人の町編) | トップページ | 葛城山へ登りました~ »

2015年12月16日 (水)

別府旅行 (食事編)

  ひとあめごとに寒くなるようで、明日からは最高気温も一桁台、寒いとまずは防寒です
昨夜からの雨は、もう通り過ぎたようですが、重く暗い空はまだ雨が降るのではないかと心なしか天気予報がはずれのような気がしています

 私の心の中にあるこの別府旅行ももう終わりにしないと苦しいです
いつまで引きずっているのかと見苦しくて、自分のサクサクとできない心中がはがゆいかんじです

 さて、うだうだ言わんとサクッと行きますね

  

20151004_099s1

  昨日 見た、TVで夜景BEST5には入っていませんでしたが、ホテルの高層階から眺める別府の夜景、とてもきれいでした
いつも平たい街並みしか見ていないので、キラキラと輝く街のあかりの果てに見える海、暗くてもずっと続くはてしない気持ちが生まれます


20151004_101s2_2

    連泊なので、ホテル側からのお勧めで初日は落合シェフのRistorante  Azzurri  で
いただきました

 本日の1品、フランスパンの上に乗ったソース?、サクサクとおいしかった


20151004_102s3

   旬の彩り前菜の盛り合わせ
 何からいただこうか迷ってしまいます
さっぱりとした味付けで、ちょっとスパイシーな感じ~
満たされない食欲がもうどんどんエスカレートしていきます

20151004_104s4

 

   パスタは7種類もあってセレクト、こちらは女性陣が選んだタラバガニと九条ネギのバヴェッティーネ
 カニの香りと九条ネギの香りが生かされていて、ネギのシャキシャキ感がたまらなくおいしかったです

 20151004_107s5

  こちらは男性陣が選んだ、豊後牛のラグーソース 自家製フェットチーネ
ちょっとお父さんと一口ずつ交換した、どっちもおいしいよ~

 しかし、こんな大きなお皿にこんな量では、見た目はいいのだけどもっと食べたい・・・!

  20151004_108s6

 

   魚料理、カナダ産 オマール海老のロースト
 これもおいしい、海老が苦手なお兄ちゃんがいなくてよかった~
きっと食べるだろうけど、何か言いそうでよかった

 主婦的な目から行きますと、きれいなお皿にこれだけ~
美的にはいいけど、お皿を汚すのが嫌できれいに食べちゃいますね

20151004_110s7

 

   メインの選択もなぜか女性陣は同じで、嫌になるというか味覚センサーが一緒?
 国産牛ホホ肉の赤ワイン煮込み
 もう一口、口に入れた瞬間にお肉が溶けて行きそう~
ジューシーな肉汁が口の中にひろがって、噛むのをためらいたくも噛んでしまう

20151004_113s8

 

   こちらは男性陣、黒毛和牛フィレ肉のグリル 赤ワインソース
これも交換しあって味わいました
しっかりとした歯ごたえとのなかにやわらかな食感、ソースも煮込みとは違ってこちらもおいしいよ~

 添え物のお野菜もおしゃれで野菜の甘みが生きている感じです

20151004_115s9

 

   デザートの盛り合わせ
  ティラミスのケーキだったように覚えているのだけど、アイスの上に乗った薄いのもパリパリとして食感が試されている気がした
どれもこれもイタメシとは言い難い、もっと軽んじたらあかんくらい上品な感じです

 

20151004_117s10

 

  最後に泡がもこもこのコーヒーをいただきました
このあたりから私のコーヒーへの味覚意識が変りました

 もうおなかいっぱいで食べれません~
見た目にいつも男子のおなかを満たすためにてんこ盛り料理の私~
絶対におなかたらへんのちゃう~と思ってたけど、もういっぱいです
ゆっくりと料理を楽しみ、次はどんなのが出てくるかとわくわくしてたらいつの間にか夜の9時半過ぎ~

 いつも早い時間に食事をするからこんな遅い時間の食事は久々~
でも非日常を味わうための旅行、ゆっくりと食事をいただいている間に同じタイミングで食事している3組のグループが記念日などでお祝いです
 バースディケーキが来て、みんなで歌を歌ってお祝いしたり、拍手したりととても楽しく過ごせました

 私たちは2部からの食事タイムでしたが、パラパラに入って食事するのではなく、皆が一斉に入って同じタイミングで運ばれてくるお料理~
箸やナイフ、フォークをやすめる時間も良く似た感じで、サーブしてくださるお店の方もとても素敵な方々でした
お料理の説明も丁寧、ドリンク類のおすすめもぴったり~
うちの義母さんはどこへ行ってももうあったかいお茶しか飲まないのですが、さすがにここではまずいかと思ったけど、ちゃんとおしゃれな急須に日本茶を入れてサーブしてくださいました
本当に頭が下ります
お料理に合わないというより「お客様のご意向に沿いますよ」というとても暖かい対応に心が響きました

 料理がおいしいのはもとよりですが、それよりもお店の雰囲気、スタッフの方々のもてなしの心が所々に感じられてとても素敵な夜を過ごせました
どうもみなさん、素敵な時間をありがとうございました

  このあと、何やら私以外の3人は盛り上がって夜遊びに繰り出します
といってもボーリングだよ~
次男君はカラオケが苦手、先手を打ってボーリング攻勢をかけて成功~
私は温泉にゆっくりしたい気分だったのに、連れて行かれて肩こりなのに運動、運動と言いくるめられて重いボールを投げることになるのです

 義母さんもテンション高めで、いつもならおねむの時間なのにMAXでおきているというか大丈夫かという心配もなさそうな感じです

 さすがに高齢組は部屋にかえってバタンキュでおやすみ、若人組は?温泉とまだまだ夜は長いのです

20151004_134s11

 

  2日目の朝食、私はこんな感じでいただきました
明太子がとってもおいしくて、おかわりしそうになりました
でも、ここにはのっていないのですが、この後、私の一番好きなトマトを食べるためにやめておきました

 朝ごはんに向かいではお父さんが、どうしてかさんまの塩焼きを食べています
さんまが好きなのですが、私は少し苦手、だからか見つけたらもう何も言わなくても手がでたそうです

 朝から焼き魚?うへっって思いながらこれがバイキングの良いところ、自分の好きなものを好きなだけだべれる
やっぱり旅行って楽しいですね
ごはんもおいしいし片づけもみんなしてくれはる~
しっかり食べて遊ぶこと、本当に楽しい旅でした

    いつもありがとうございます

  これで、別府旅行は終わりとなります
長い間、おつきあいありがとうございました
これからはまた普通の生活の中でのことを楽しく綴れたらいいなと思っています
年末で気もせきますが、慌てず落ち着いて身体に気をつけてくださいませ
急がば回れと思うくらい、ゆっくりとして怪我などせぬようにね

 また、遊びに来てくださいね



 

にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

« 別府旅行(酢屋の坂~商人の町編) | トップページ | 葛城山へ登りました~ »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

落合シェフ、聞いたような気がしますが
その方の独創的な料理なんでしょうね
大きい器に品良く盛られた料理が特徴なようですね
皿が大きく、料理が小さく見えますが、満腹になられたとのこと、写真以上に料理にボリュウムがあるんですね
どれもこれも品の豊富さ、味付けが最高だったようで、
私、和食中心なのでたまにはこうした料理も食べたいな
飲み物は写っていませんが、ワインも楽しまれたんでしょうね

食後のボーリング、ホテルの外なんでしょうね、それにしても元気が有り余っているようですね

朝食はガラット変わって和風、軽めの食事の様ですが、色合いが良く、バナナもありバランスのとれた朝食ですね

温泉、食事はもとより、昔のすてきな風景を堪能され、すてきな旅行となりましたね

今週末には寒さが一段と厳しくなるようですが、健康で正月を迎え下さい

   いきおいさん、ありがとう~

  TVにもよくでてこられています
銀座に「ラ・ベットラ」というイタリア料理のお店を手がけておられるようです
「一度ちゃんとしたイタリア料理を食べに行きたいね」って話していたので良い思い出になりました

 男性陣はアルコールを嗜んでいましたが、私は頭痛のこともありノンアルコールで過ごしました
今は少しずつお父さんの晩酌につきあっていますよ

 ホテルは別府駅から送迎バスで10分くらいの山手に建っています
ホテルの敷地内にボーリングもできる施設があって、そこへ行くにももちろん歩きでも行けるのですが、送迎バスが走っているので利用できます

 朝食は、私にしては食べ過ぎと言ってもいいくらいよく食べました
いつもは、もっと軽い食事でバランスも整っていません
土日にお父さんと一緒に食べるのにバランスよく食べていますが、普段は炭水化物だけだったりとかしますよ

 長く泊りがけで遊びに出るということがなかっただけにとても楽しい旅行になりました

 いきおいさんもお身体に気をつけておすごしくださいませ
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 別府旅行(酢屋の坂~商人の町編) | トップページ | 葛城山へ登りました~ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ