« 矢田寺へ~ | トップページ | 元気ですよ~ »

2016年6月23日 (木)

暑さ前にがっつりと・・・

  わがやに家を構えていたつばめも先週の土曜日に旅立っていきました。
お昼過ぎまで、飛んでいたのは知っていたのですが、夕方にごみをポリバケツに入れにいき、そっと様子を探ってみると誰もいなくて??
えっつ!いつの間にといつも驚かされます。

 2~3日前に小指くらいのへびを見てドキドキしてしまったわたし、もう近づいているのは感じていたのですが、いつも本当にあっけなくいってしまいます。

 それが土曜日の夜、もうそろそろ休もうと「星でも見てから」と外に出たら、外灯の上に休んでいたつばめがいたらしく、ドアをばたんとしたはずみで下に落ちてきたようです。
びっくりした声に驚いて、たばこ片手にお父さんが出てきて、飛べずにいるつばめをどうしようかと思案?
このままでは、ねずみやねこ、もちろんへびだって脅威、夜は飛べないしかといって手を出すわけにもいかず、100均で買った網の状のかごで被ってやすみました。

 

 朝、つばめが気になり、小指くらいのへびなら通れる網だったかなとかねこにかごを取られて羽だけが残っていたらどうしようという気持ちで、恐る恐る~
ちゃんとかごの中にいて元気な鳴き声をだしていました。
かごをはらいのけて、そっと燕尾服のような長い羽がまだ揃っていない子つばめに言いました。
「今夜はこんなところで寝たらだめだよ~」って、私が立ち去るとどこからかつばめの鳴き声がして子つばめのそばに親つばめがす~っと飛んできました。
何やらささやくと2羽は一緒に飛んでいき、まだ飛ぶのに慣れていない子つばめの必死に羽ばたいていく姿に少し懐かしい気持ちが湧いてきました。

   S1img_0731

  泰山木、もくれん科の常緑高木だそうです。
矢田寺のあと、大和民族博物館の公園にある菖蒲園に足を運びました。
ここは、こどもが小さい時にお弁当をもってよく遊びにきました。
広い芝の公園と昔の茅葺のおうちなどが所々にあって、ちょっとした散歩に良い場所です。

茅葺のおうちのそばに、この泰山木が咲いていてほのかにやさしく甘い香りがそこら中に広がっていました。

S3img_0736

  菖蒲がもっとたくさん咲いていた記憶が残っていたのですが、時の流れと同じできれいな記憶と現実は少し違うのかもしれないです。
でもたくさんの方が写真を撮りに来られていました。

S5img_0742

  あじさいのように長く咲けない、2日程の開花でしぼんでしまう花なので少し残念な気がします。
こんなに繊細な花姿にあわれを感じてしまいます。


S6img_0752

 品種改良が進んでいるのでしょうね。
こんな変わった花も咲いていました。


  S9img_0755

  こんな水車小屋もあって、水の音が少し晴れ間が出てきた暑さを和らげてくれていました。
水の音は、量が多いと怖いですが、ほどほどの流れはここちよく響き心に入ってきますね。



S8img_0763

 

  お昼は、がっつりとファミレスでいただきました。
実は、遊びに出かけてもこんなお昼は食べません。
ハイキングならコンビニでお弁当を買ってとか安く近く楽に(楽しく)をモットーに出かけていますので、こんなのはないのです。
矢田寺で、正面に見えるお寺までの坂をクリアしたこととお寺に入っても義母さんほどのお年寄りはおられなくて、ちょっとした心づかいのある方なら「気をつけてくださいよ」とか「おげんきですね」と声をかけてくださるのが嬉しかったのでしょう。
それに気を良くしたのとあじさいの美しさに「よかったなぁ」と連発していた義母さんは、「お昼は私が出すからおいしいのを食べに」と言ってくださいました。

 次男くんも「めんどくさいなぁと思いながらもお昼目当てで来て正解!」とにんまり~
年配3人は、このお料理を頂きましたが、彼はさすがに若い!
牛丼にきつねうどんをぺろりと食べていました。


  いつも来てくださってありがとうございます。

  今日も雨模様です~
お昼から晴れと予報は出ていますが、とてもそんな劇的にお天気が回復するとは思えないくらいどんよりとした空です。

 明け方のきつい雨、九州の方はすごい量の雨が降って被害も大きく出ていますね。
一日も早く復興できますよう、お見舞い申し上げます。

 私も雨が降っているくらいなら気にもならないのですが、大雨になるといきなり忙しくなります。
空梅雨で雨が欲しくてという年もあれば、こんなに次から次へと雨模様が続くと嬉しいような困惑するようななんとも言えない気持ちです。

 ガーデニングにも行きたいのですが、雨上がりはべとべとに濡れてしまうので億劫になります。
草を引いて汗でべとべとと雨のしずくで濡れるのとは少し違う気がします。
草は引きやすいけど、ぬかるみに足を入れたりと足場がぬるぬるしてと自分勝手な言い訳です。
暑くて熱中症になるような日のことを思えば、動きやすいのにね。

 梅雨のこの時期は何かしら気分が少し憂鬱になったりじめじめした感じがすっきりとしませんね
そして、食べ物もいくら冷蔵庫に入れていても傷んだりが気になったり暑くてのど越しを求めたりといろいろなことに気を配っていかなければならないですね。

 少し疲れたなぁと思うときは無理をしないように心身からだを休めることが一番の休養だと思います。
さぼっているなと見られてもだれも自分のしんどい体を交換はしてくれないのですから、積極的な休養を取り、梅雨明けの暑い夏を乗り切りましょうね。

  また、遊びにきてくださいね。


 



  

  

にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

« 矢田寺へ~ | トップページ | 元気ですよ~ »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

我が家も門屋の外灯の上に巣を作り、子どもを育てて居ましたが、いつの間にか飛び立ち居なくなっていました      過去にヘビが戸のさんを登っておりびっくりしたこともありましたが、今年はそれもなく安堵しています
つばめが巣をすると付近が汚くなり嫌悪がちになりますが、巣は大事にするのがいいと家内は言っています

菖蒲、たくさん群生しているんですね
白、紫、紺、色合いもいいですが、やわらかな感じが何ともいえませんね

写真を見て、昔家内の実家付近に米つき用の大きい水車が音をたてて回っていた様子が浮かび懐かしいです

お昼ご飯、義母のおもり、良かったですね
ビールも映っていますが車の運転もあり誰が飲まれたのかな

今年の梅雨は雨が多いようですが、稲の生育には天気が続く方がいいのですが、水入れの手間が省け楽な面もあります

当分梅雨空ですが、前線も段々北上為ていくようですが、開けるのは7月中頃なのでしょうね

  いきおいさん、ありがとう~

 つばめの巣があると不幸事が起こらないとか家が繁盛するとかいうのを聞いたことがあります。
本当なのかどうかはわかりませんが、うちに2つも巣はいらないと思って、2個目はいつも作らせません。

 昨年は、たまたまへびに遭遇して大きな声にへびもびっくりしたらしく樋の中を滑っていきました。
さわったことはないのですが、うろこ状のものが体に張り付いていてそれで格子戸なども登れるらしいですよ。

 奥様のご実家はのどかなところだったのですね。
水車があるなんてすごく素敵です。

 お昼ご飯、めずらしくおごりよかったです。
この時期は、子どもたちの誕生日が続き、さらに今年は私のへそくりが出てきて、それで義母さんとわたしの誕生日をと外食が続いているので、気を使われたのでしょう~

 お昼にビールを飲んでいたのは、お父さん~
私に運転を任せて、ご機嫌になっていましたよ。

 たんぼを作る側から行くと水のない年は本当に大変ですものね。
よく、実家の父が夜中にたんぼの水入れに出かけて行ってたのを思い出したら今年ほど雨が降って水の心配をしなくていいのはありがたいことだと感謝です。

 私は、雨が降って堰があふれて水つきするとかいうことがあまりよくわかっていなかったのですが
水の脅威はよく知っているので、水との上手な付き合い方を勉強中です。

 梅雨明けも待ちますが暑い夏のことを思えば、こんな天候の方が過ごしやすいのかもしれないですね。

 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 矢田寺へ~ | トップページ | 元気ですよ~ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ