« 奈良公園をダッシュで駆け抜けた感じ~ | トップページ | 門司港レトロで遊ぶ~ »

2016年10月11日 (火)

山口湯田温泉の旅

   10月3日から有給休暇が取れたお父さんの休みに合わせて山口湯田温泉に行ってきました。
ずっと、台風18号の影響が旅行の日程にあわせて降水確率をあげてくるので、遊びに行ってもずっと雨模様の旅行かもしれないと思っていました。
しっかり折り畳みの傘をスーツケースに入れていきましたが、出番はなくとてもよいお天気に恵まれて楽しい旅行ができました。

  今回は、初日編で行きますね。


Img_1288

     新大阪駅 10時25分発のぞみ13号に乗りました。
これは、昨年大分県に行った時と同じ、新大阪駅に来るまでの行程はうっすらと残っています。
新幹線に乗ってどこかへ行くときは、京都から乗ることが多かったので、昨年は少し迷いましたが、今回はばっちり~
でも、今回は朝から一人ぐったりな人がいて、タクシーで最寄り駅に行く間際まで、玄関先で横になっていて、「ほんまに電車乗っていけるのかしら?」と・・・・

Img_1292

  

   久しぶりのご対面、この姿を見るだけでわくわく感が高まります。


Img_1294


   新幹線の中では、やっぱり駅弁でしょ~。
昨年、義母さんが冥土の土産のように「新幹線に乗って駅弁が食べたい」、それさえしたらしたいことはないと言って、もうはや一年。
その間にも、どこかへ行くとか何がおいしいとか結構欲はもって張るようなので、まだまだあの世からのお迎えはないかと思っています。


Img_1295

  上の鹿児島黒毛和牛ステーキ弁当は私を含めて男子はこれです。
昨年、男子2人がお肉の入った弁当を食べているのを見て、後悔していました。


Img_1296

   この旅行に、今回も次男くんは参加~
彼の大きな目的は駅弁などいつも食べれないご飯をおもいっきり食べることと海を見に行くこと~。
20代の若さからか2個目の焼き鳥弁当やったかな~。
堪能中です~。


Img_1299

   新山口駅で新幹線を降りここからは在来線に乗りかえて湯田温泉駅まで行きます。
見慣れない列車の色、普段電車に乗らないともう電車というだけで、高揚感です。

Img_1327


  こちらがお世話になった「湯田温泉 ユウベルホテル松政」 さんです。
とても静かで落ち着いた感じ、ホテルの方も若い方が多く、礼儀もできていてそっけない感じはなくて、年配の従業員の方もいらしゃるのだけど、忙しそうな場面は若い方が多くていい感じです。


Img_1355

   ホテルのチェックインの時間に早いので、荷物だけお願いして、湯田温泉近辺の散策です。
ホテルの周りにはポケモンもいるスポットがあるらしく、早速とそちらへ誘導~
ここは井上公園と言って、井上馨候の生誕地らしく、きれいな公園で足湯もありました。


Img_1322

     こちらは中原中也記念館、現国の教科書の詩の部分ではこの方の詩を習いました。
とても感受性の豊かな方なのかな~
フランス語の翻訳もされて、故郷の山口への帰郷を願いながら30歳の若さで亡くなっています。

Img_1324

  お向かいにある狐の足あとでお茶タイムです。

Img_1317

   こちらは次男くんが頼んだゆず茶と酒粕レアチーズケーキ~
いつもはレアチーズケーキは食べないのに酒粕に騙されたぽぃけど、おいしかったらしいです。

Img_1318

   上から撮らないとあまりにも器が小さすぎて写らない~
お月見膳、サツマイモの甘露煮、甘酒、お団子にあんこと抹茶~
これも甘酒に騙された感~、何もかも小さくて関西でははやらへんなぁ~
一口サイズでおしゃれなのを意識してるんかな??


Img_1319

    お父さんが頼んだ中也ラテ~
 お味はそれなり~、飲むのがおしくなるくらい感じがいいのですが、紙コップなのがちょっと残念な感じです。
コストパフォーマンス的にもう少し大きな陶器のカップでの方がおしゃれに思うのは私だけかな?
人員的なことから飲み捨ての方がいいのか、どうもいろんな面から考えてしまう・・・


Img_1320

  中也の机や愛用品が並べてありました。
ここは足湯もあります(200円) 足湯につかりながらのんびり読書の人もいましたよ。


Img_1306

   旅行に出る前に、何の番組やったか忘れたのだけど「飲みたい日本酒」みたいな番組があって、そこで獺祭のことを取り上げていて、山口県に行ったら飲んで帰るかお土産に買ってこようと話していました。

ホテルへ帰る途中、中也記念館の隣の酒屋さんで聞いてみたら二割三分は切らしているけど、三割九分はあったので買ってきました。
普段飲みには高いけど、記念に、味わい深いというか今まで飲んだ中では一番キレキレの感じで、私にはもったいないです。

Img_1338

   さて、夕食~ 初日はあんこう鍋がメインだそうです。
今夜は和食なので、先付はえだ豆の豆腐、なんかいろいろと三種盛りのお造りでおなかが空いていたので、もうバクバクと爆食しました。

Img_1340

   煮物は吹き寄せ芋、甘いあんかけの味付けがおいしくておかわりしたくなります。

Img_1341

   焼き物は鰈柚子庵焼です、モミジの葉が邪魔をしていますね。

Img_1349

   蒸し物は茶わん蒸し、家では苦手な子がいるので滅多に作らないので、うれしいです。
これもお出汁の味が良くてきめの細かい卵がおいしかったです。

Img_1343

   次男くんは魚が苦手で、今回の旅で一番心配なのは魚料理がいっぱい出てきたら食べるのあんの?と・・・メインがあんこう鍋ってきついわ~と・・・
それが意外とちゃんと食べてますやんか?
どないなってんの? 家でもちゃんと食べてほしいわ~。とちくり~

Img_1350

  揚物、ふく唐揚げ、少し骨が多い気がしましたが、あっさりとした味でした。
山口と言えばふく、本格的なふくの時期ではないからなぁと思っていましたが、やっぱりあるとうれしいですね。

Img_1351

  あさりの釜飯に赤出汁、香の物。
少し薄味のご飯でしたが、赤出汁が濃いのでちょうどいい感じです。
香の物も変わった小さなきゅうり、こちらもさっぱりとしておいしかったです。


最後に、水菓子は巨峰と柿、食べれなかったので、あとで部屋に運んでくださいました。

毎日、晩御飯に悩んでいる主婦の私、この日と次の日は本当に極楽でした。
旅行は非日常な生活を味わう、楽しむ出来事、帰ったら現実は怖いけど、楽しい旅行を考えて行動する、これも生きていく人生の一部として大事なことだと思っています。

 出発時に前日の地域のお祭りで飲みすぎたお父さん、二日酔いもお昼過ぎには楽になったのでしょう。
本当に心配したけど、彼の目的は山口のポケモン探しの旅らしくげんなりしてられないというのが復活の源とはなんとも情けないような良かったような??

 また、2日目の記事もアップしますので、待っていてくださるとうれしいです。

では、この辺で~


 

にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

« 奈良公園をダッシュで駆け抜けた感じ~ | トップページ | 門司港レトロで遊ぶ~ »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

 台風の影響を受けず、お天気に恵まれた旅行が出来てよかったですね。

 旅行の楽しみといえば、食事もその一つで、どれもこれも美味しそうで、PCの前で、目移りしちゃってます。
見栄えもよく、まさしく芸術ですね。

 中原中也の詩は、私も学生時代に習い、とても印象深いです。


 2日目の記事、楽しみにしていますね。

  ゆうきさん、ありがとう~

 台風、予報では大型で心配していたのですが、行ってみると暑いくらいのいいお天気で恵まれました。

 今回は一人ずつのお食事が朝晩運ばれてきて、懐かしい感じでした
最近はバイキングが多いところが増えてきているので、ちょっと意外な感じでした。

 中原中也、私にはこの人の世界観が少しわからないというか難しい気がして本当に教科書でしか読まない人でした。

 2日目、待っていてくださいね
嬉しいです

 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 奈良公園をダッシュで駆け抜けた感じ~ | トップページ | 門司港レトロで遊ぶ~ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ