おでかけ

2016年12月 6日 (火)

大国見山に~

  また、こんなことをして首の痛みがとれないのじゃないと言われそう~
でも、今はブログ記事を書かないと次に進めない気がしています

 家計簿も掃除も気にはなっているけど、たぶん気が進まないからブログになっているのかも
といつかは手をつけるけど、その前にちゃんと記事にして前に進みたい

 朝からの曇り空は青空も見えているけど、外は風がうねったように吹いています
「寒い」の一言しかないけど、外で作業している方のことを思うとそんなことは言ってはダメだよね

 このところ1か月に一山という感じで山登りをしている
それも初心者向けの山ばかり、高いところはまだいける気がしないのと行く気もないけどね
奈良盆地の真ん中に住んでいるからどこを見ても山ばかり、今まではあれが何山、これは何山くらいだったけど、最近はあの山に登ってきたと山を見る目が変わってきたのと自分であの山に登ったという気持ちがどこか嬉しいようなちょっと信じられない気持ちでいっぱいです

 12月になると忙しいのと登るには寒いからもう来週が今年最後の山登りだと思います
11月の最終の土曜日に、近所のおじさまに教えていただいた大国見山に登ってきました

 

Img_1938

  桃尾の滝の駐車場に車を止めてここから登りました
夏場はここで修行されている方がおられるということで、少し厳かな気分です

Img_1939

  この滝に打たれている方をお父さんは見たことがあるそうです
夏場はもっと水量も多く、この下で子供会の夏の遊びもした記憶があるそうです

Img_1945

 杉木立だと思うのですが、滝をあとにすると傾斜角何度?というくらいの急な坂を上って少し平坦なところで休憩です
下を見ると吸い込まれそうな感じの高さにいることがわかります

Img_1950

 こんな山の中に石垣、この前に行った高取城跡を思い出します
あとで、教えていただいたらお寺の宿坊がたくさんあったらしいです
その跡地なのかな?

Img_1952

 まだ、道らしい道があるだけ楽な感じです



Img_1954

 頂上付近にはこんな大きな岩がごろごろしています


Img_1962

  頂上から眺める景色~
右下の白い建物は、シOープの工場、大変ですね~



Img_1966

  この岩の穴はもしかしてのろしをあげるための油をいれた穴かも~
頂上にはのろしの穴があると書いてあってこの前は木がなくて、景色もよく見えます



Img_1964

 高取城跡に登る前に登った二上山もよく見えます


Img_1967

  銀杏並木が見えています
よく知っている建物が並んでいます

Img_1969

  二上山のふもとはかすんでいますが、ここからのろしをあげてどの山と通信をしていたのでしょう~

Img_1970

  はるか山の向こうは大阪~
ここから大和の国を一望のもとに見下ろしていたのでしょね



Img_1974

   今回は自分で作ってきたお弁当持参です
お稲荷さんとポテトサラダ、ウインナー、ちょっと焦げた卵焼き~


Img_1982

  阪奈道路と先ほどの工場~
見知った景色だと見ていても楽しい


   いつもありがとうございます

  家の中にいても掃除する場所はあるのだけど、寒い日はおうちでまったりなんてこれは2~3月の寒の時期に言いたい言葉~
でも、今日はじっくりとブログ更新です
今のところ、PC作業も大丈夫みたい
PCをするときの姿勢が悪かったのかも~
椅子を低くしてノートPCの下に台を置いて目線をモニターに合わせました
ストレートネックになっていたのかもしれないです

 首が痛くなってから20分もたたないうちに作業中断というくらい首が回らなくなっていたので、眼が疲れて首も変な姿勢で筋がおかしくなっていたのかもしれないです

これで、家計簿さくさくとはかどるかも~
やっと、すっきりとまわりだした、義母さんに思い切って話したあと心配していたけど、互いにすっきりとしてよかったみたいで一件落着です

 さぁ、明日からはサクサクと家事をこなして、忙しくてばたばたな年末にならないようにしなくちゃ
みなさまも体調に気をつけてね

  また、遊びにきてくださいね


にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

高取城跡に~

 今日は、どんよりとした曇り空・・・
こんな日は、外にでたくなくなります

 たまっている家計簿に掃除、すべてがのしかかってくるようで嫌な気分になりますが、それもみんな自分が招いたこと、片付けていかないのが悪いのです
楽な方に逃げてしまうのは簡単なことなのですが、あとが怖い・・・

この前の記事は、少しうっぷんがたまっていたのですいませんでした
しかし、自分の中で解決したように見せかけていた、解決したように思い込もうとしていたのかもしれません
結局、言ってしまうとどうなるのかわかっていても言わずにはいれない自分に腹を決めて、義母さんに対決!!
お父さんのいるところで、「お願いです」といいだしました

 

 「嫁のあら探しをするのなら、私はその場所はそうじをしないのでお任せします」と・・・
義母さん曰く、「そんなつもりはないけど、かあさんが(私のこと)そうじしたあとしている」と・・
ずっと、こんな調子で何年も、本人は悪気はないらしいけど、こっそりのつもりがこっそりじゃないから
私も傷つくよ~

 「するならするで私は何もしないからご自分でと私は自分のまかされたところだけすると」宣言したことで、」お父さんも「余計なことはしない~」「みな、私に任せてかまわないこと」とと言ってくれました

間にお父さんが入ってくれたことで、必要以上に感情的にならずに穏便に済ますことができました

 義母さんはそれでも次の日に、赴任先に持っていく荷物にどうのこうのと言い出すので、お父さんは「かまわない、ちゃんとしてくれているのに余計なことを言わない」とくぎを刺してくれていました

  10年前に、世代交替と言ってすべて任すといった割にこちゃこちゃとかまう、年長者のいうことも大事なことだけど、うるさい~
今回のことがどれだけの意味と時間を持つのかはわからないけど、少し気持ちは晴ればれとした
その代わり、今以上に義母さんの目から見えても納得のいく掃除をしなければなんてという気持ちと自分は自分、毎日埃は出る、毎日の掃除はちゃんとしていればいいという気持ちで揺れているのも事実

 どこに行ってもついてくる、行きたがる義母さん
でも山登りは無理と思っていてもらいたい、昨年から始めたお父さんと共通の趣味~
しんどいけど達成感と上に登ってみる景色の素晴らしいことにいつもスカッとした気持ちになる

  記事としては過去、11月のことなのですが堪忍してね

高取城跡に登ってきました
跡なので、石垣などしかありませんが、すごく大きなお城であったことがわかります
紅葉の時期には少し早かったのですが、それでもきれいな木々の色に癒されてきました

Img_1742

  高取城に行くには、城下町のあった土佐街道を上がっていく方法と壺阪山にある壷阪寺に車をとめて上がる方法があります
お寺の横の坂道を上がっていくのですが、ここからお寺の景色がきれいに楽しめます

 Img_1745

  橿原の町とその向こうはどこかな~


Img_1746

   お山の上にも大きな仏さまがいらしゃいました
ここはどこにいても見守られている気がします

Img_1758

   いよいよ始まりました
くねくねとした木の根が出ている山道


Img_1760

  山の中に進んでいくとあちこちに仏像が彫ってある岩が点在します
それだけでもう神秘的過ぎて、スピリチュアルが好きな私はもうテンションがあがります


Img_1771


  道があるようでないようなところもあります
倒木もあり、高取城跡ってあんまり有名じゃないの?って感じも?


Img_1776

  やっと出てきた~
案内はところどころあるのですが、これを見たときちょっと安心~


Img_1777

  初めてお城の雰囲気が出てきました
石垣、これからどんな感じでお城に近づくのかわくわくします


Img_1786

   大きな石垣の壁~
見上げて撮った写真は、石垣に影が入りすぎもう少し明るさがほしい


Img_1791

  せりだす石垣に苔、大きな杉かな?
長く時間が経っていることがうかがえます


Img_1800

  紅葉の時期に来たら赤と緑、自然の織りなす紅葉という美しい絵を見れたかも~
またその時期に来年でも来れたらいいなぁ~


Img_1815

  何とか櫓の石垣の上で一望した景色、ここを髷を結ったお侍さんが歩いていたんだという想像がもう時代劇の中にいるという錯覚を起こします

Img_1821

 山城だからお堀に水ということはないけど、断崖であしがすくむ感じです

Img_1822

  どこをみても一枚の絵になる感じ~



Img_1827

  大きなお城、向かいに見える天守閣?かな
そっちにも上っていかなければならないね


Img_1834

 もし、お城が残っていたらすごいね~
そんな気持ちが大きくなりました

Img_1840

  この写真の奥でお弁当を広げました
とっても見晴らしがよくて気持ちが良いところでした

Img_1848

  眼下には吉野の町なのかどこなのかわからないです

ただ、その先に連なる山々の姿にもっと奥深い山があるということそしてこの場所に立たないとこの景色は見れないことに少し癒されていました

Img_1853

  このお城にたどり着くまであまり人を見かけず、山登りでも人の多い少ない場所があるのかと思っていました

でも、お昼ご飯を食べるころにはたくさんの方々がにぎやかに来られて、広々としていた山の上もシートを広げた人でいっぱいになりました

 今回は、奈良にもこんな立派なお城があったのだという気持ちが強くなりました

山間で、イノシシやシカの被害が多いのか植えてある新しい木にはネットが施してあり地面はイノシシの餌を探す仕業であちこちほじくり返されていました

もう少し整備されて登りやすくなるとここを訪れる方も増えるのだろうという気がします

春になったらまた登りたいですね

    いつもありがとうございます

 最初に愚痴を思いっきり書いてすいません

何かすっきりしないまま、終わった感じが強かった前の記事・・・

どこかで納得のいかない自分がいたのだと思います

何が引き起こすのかわからないですが、首の痛みがとれないままでほとんどPC作業が困難だったので、今頃になりました

自分では元気そのものだけど、いとこに「顔色が悪いよ」と言われてどこか具合が悪いのかと心配されました

心配は、もう尽きないくらいあるけどそれをいちいちあげるのもつらく、どうにもならないこともあるしね

でも、どうにかせねばならないことではあるのが大きな問題なのかも~

どこのおうちにも悩み事はあるだろうしそれを口に出すか出さないかということもね

今は、前を向いて歩くことだけ後ろを振り返ることも大事だけど後ろにあることはもう過ぎたことそれを思い起こしてもつらくなるだけのこともあるから山に登って上へ上へとそして降りるときも軽くなった気持ちと同じように羽がはえたように心軽く、次への気持ちをもって降りていくのだと思っています

 もう、人生も折り返しを過ぎ、現状維持の体力でどのくらいいけるかわからないけど少しでも元気に後半戦を過ごしていきたいなんてね

   また、遊びにきてくださいね

にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

 

2016年11月17日 (木)

ストレスも料理して~

   すっかり秋、こちらは街路樹が銀杏なので、陽に照らされた黄色く輝く葉がとてもきれいに見えます。
あまり寒くなる前に、お父さんの赴任先に年末の掃除に出かけてきました。
寒くなるどころか良いお天気で、防寒でタートルネックの服を着ていましたが、暑くて困ってしまうくらいでした。

 Img_1879

  そんなお天気の良い日に、たまたま高校駅伝の予選会が行われていました。

Img_1876

 毎日新聞社も後援しているらしくキャラクターのなるほドリも出て、かわいらしい愛嬌をふりまいていました。

Img_1892

  ゆっくりとした朝ごはんを食べたあと、少しお散歩に出ようと出たら、スタート20分前で、もうこんな機会はないと思い、散歩はやめて沿道の人となること決定!
もう女子のスタート30秒前とかです。

Img_1893

  一斉にスタート、みんな頑張って!!
今日は、少し暑いくらいの良いお天気、走るには少し辛いかも~
女子は18校、5区間21.0975kmを走って争いますよ~


Img_1894

  いつも駅伝とかはTVでしか見ることがなかったけど、こんな間近で応援することができるなんて、すごい!
初めての体験です~。


Img_1902

  スタートの前をまたどこかで折り返してきたようで、この後姿を見送ってすぐに部屋に帰って昼ご飯の用意です。



Img_1914

   そそくさと昼ご飯を食べて、またやってきました。
2時間後に、今度は男子がスタート、男子は女子よりも多く32校。
7区間42.195kmを走るようです。

 

Img_1916

  圧倒されてしまいます。
すごい勢いで、あっという間に走っていく姿をみているだけで、もうテンションはあがります。


Img_1925

  男子も折り返してきて、これからまだまだたっぷりと走らねばなりません。
人数も多いしまだひと固まりのようですが、この前に早い一団とこの後ろに少し遅れ気味の一団がいます。
みんな、力の限り走っていきます。


Img_1935

   同じ高校の陸上部の応援に野球部 も来ていました。
たくさんの野球部員がきちんと並んで帰っていきます。
駅伝を応援する沿道の人になっている時も、前にいるおばちゃんのことをじゃまにせずかぶさるように見ていてくれてすいませんでした。

 こちらは若い高校男子がたくさんで、ちょっとどぎまぎしました。
やっぱり若い子はいいね~
あかん、もうすっかりおばちゃんの域になっています。

駅伝の応援、それと若い子に囲まれてちょっとだけ若返ったとにんまりしてしまい、お父さんに「何をあほなことを」と笑われてしまいました。

  何にも知らずに行ったのにこんな楽しいことがあった。
今年は本当に予期せぬ出来事があり、そんなことも楽しい思いでとしてこころの一ページになっていくのでしょうね。

   いつもありがとうございます。

 掃除と称して行きますが、ちゃんと掃除はしてますよ~
ただ、日頃の家事の労い?を兼ねてたまには外でお食事と私の気分転換にカラオケに連れて行ってくれます。
気分転換と言っても義母さんも同行だから、すべて気兼ねなくではないのですが、もうカラオケも向こうさんもすっかり乗り気でボケ予防にいいとはしゃいでいます。
私は、3人で3時間歌ってもまだ歌い足らない気分ですが、さすがに夜の10時を過ぎると義母さんも眠いようで連れて帰らねばなりません。

掃除に行く前にたまっていたうっぷんもカラオケで少しは解消したのですが、帰ってきたらまた早速、嫁の気分を害することをやらかしてくれた義母さん
ストレスをうまく料理して、消化しようにもこんなに頻繁になってくるともうてんてこまいです。

嫁の立場だった時期が少ない義母さん、もう少しわかってもいいはずなんだけどどうも気持ちを逆なでするのがお得意のようです。

 これから始まる年末の掃除、もう一心不乱に気合を入れてやるしかない。
器の小さい女なんて思われるのも癪だから、無視、するしかない。
何か言われたときは、がつんと言い返すだけの強い心に作り替えたから大丈夫、今までのなよ竹のような細い心は持ち合わせていませんよ~

しかし、嫁と姑、うまくいっていってもいかなくても難しい関係です。
遠慮はやっぱり必要だし、それもわかる相手なら苦労はしないのですが、うぅんな感じでまだまだ、大変だけどまだましな方だとあきらめていくしかないです。

  今回はなんか、勝手にここでストレスを料理させていただきました。
ごめんなさいね~

 どこかで言葉にしないとずっと気持ちに持っていそうでしんどい感じ・・・
それでも相手には通じていないからすっきりはしないけど、自分の中でおさまりをつける場所が必要でした。

 肩こりがすっきりしていないせいか、今まで左の首痛だったのが右にまで来て、右の首の方がよく痛み、PC作業ができなくなります。
困ったことです、生活の中でPCに依存している部分がたくさんありすぎます。

また、しばらく短時間の作業と調子を見ての日々、ふぅ~
うまく時間を操れるようにこなしていきたい日々、もうすぐまた12月~

 忙しい毎日、あわただしくなりますが疲れを残さず体調に気をつけてくださいね
それでは、このへんで~

 最後までおつきあいありがとうございました


 
にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

2016年10月26日 (水)

山口湯田温泉の旅、最終~

  やっぱり気になるから書いておこう~

  下関へ船で渡ったおかげで、予定していた時間より早く電車に乗れたので、湯田温泉にも早く帰ってくることができました。
晩御飯までに、ゆっくりと温泉につかりいざ出陣です。
今夜で湯田温泉での夜も終わりです。

 Img_1593

  3種類の山口県のお酒です。
並々と注がれたお酒、私は花かほりが飲みやすくておいしかったです。


Img_1596

 今夜は和洋食です。
オードブル、白身魚のカルパッチョ コーリャン風    
        少しピリ辛の味が食欲を湧き立てます。


Img_1597

         

  お造り、ふくの薄引き
       ふくの旬はもう少し後だけど、山口は一年中食べられるのかな?


Img_1598

 スープ、 桃の冷製スープ
        初めて、桃のスープ、とても甘く桃の香りもやさしく甘い感じ。


Img_1602

 魚料理、 赤魚のタプナード添えレモンバターソース
         普段赤魚は食べません。大きな金魚を食べている気がして・・・
         コクのある魚にレモンバターソースがとても爽やかな味でおいしかった。



Img_1601

 私が花かほりがおいしいって言ったので、また頼んでくれましたよ。
飲みすぎ注意も今夜までは忘れておきますね。



Img_1607

 肉料理、 牛ロース肉のポワレ茄子のグリル添え八丁味噌ソース
         やわらかいお肉でお味噌のソースが食欲をそそり、茄子も甘いです。


 Img_1609

 小鍋立、 ふくちり鍋
         あんこう鍋とはまた違って、あっさりとして美味でした。



Img_1608

 食事、 ちりめん御飯、赤出汁、香の物
       ちりめんじゃこのふりかけの塩味が口にやさしく、お味噌汁がしみわたります。


Img_1611

 水菓子、 デザート、プリンに紅茶
        もう、おなかいっぱいです。


Img_1612

  朝食、三日目の朝ごはんは和食~
       朝からこんなに豪華で、もったいないくらい。


Img_1614

  ご飯は白御飯ときびご飯から選べました。
 私はきびご飯、ほのかなきびの甘い香り、食べ過ぎだけどおいしい~。

   いつもありがとうございます~

 湯田温泉の旅もこれでおわりになります。
個人旅行なので、行程はみな自分で考えますが、これが結構楽しいです。
初めは萩、津和野に行く予定が次男くんの「海を見に行こう」で電車を乗り継ぎ、関門海峡へと、異国的な雰囲気と海の近くで食べ物がおいしい~。

 いつもの生活が非日常な旅行で、少し張りが出てみな生き生きと~

おいしい食事と行きたいところに行って思い切り遊ぶ、家のことは何も考えなくてよい楽しい3日間でした。
 実は、家には「家族旅行にいくのはごめんです」と敬遠した長男君がいたのですが、何かあれば連絡があるとほっておいたら、実は体調不良で作り置きしておいたハンバーグも食べれずに寝ていたとまぁかわいそうな??

 次男くんは、魚嫌いの野菜嫌いと偏食、でもこの旅行の間、ちゃんと食べれる、食べてると思って聞いたら、「食べへんだら食べるもんないやん」とまぁ憎たらしい・・・
若い子にはバイキングの方が好評なようですが、年配にはこちらのお料理も好評~。

 やっぱり、旅はおいしいごはんがなくてははじまりませんね~。

  書き終わるのに、1か月もかかってごめんなさい。
また、肩こりにならないようにボチボチとした更新になりますが、よろしくおねがいします。

では、この辺で~。



にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

門司港レトロで遊ぶ~2 

  旅行2日目を一気に書き上げたのはよかったのですが、続きを残したまま~
気になりながらも首の張りが半端なく痛い、さらに何も症状のなかった右の首まで痛くなってちょっと休みすぎですね
旅行の思い出も忘れてしまいますよね

  唐戸桟橋にむかっての船に乗ってしまいました。
この船に乗るともう残りは帰るのみ、いつかは帰らなければならない・・・

Img_1554

  久しぶり、船に乗ったのっていつから?
すごい勢いで離れていく、うぅ~むちゃ寂しいです。


Img_1564

  

 橋の下を通る船もこれが見納めですね


Img_1565

 対岸の唐戸桟橋側、大きな観覧車が見えてきました。
遊園地があるみたいですね。


Img_1567

 唐戸市場、下関近海の新鮮な魚介類がここで売られているようです。
おなかはさっき食べたご飯がおいしかったので、もう魚のことはあんまり興味なし、それよりも喉が渇くぐらい良いお天気です。


Img_1573

  唐戸市場そばのカモンワーフで、見つけました。
遊びに行くと食べたくなるソフトクリーム~
オランジェリエ・モリさんのバニラかヨーグルトのベースにフルーツをブレンドしてもらえます。
これはヨーグルトにイチゴとラズベリーともうひとつ、忘れてしまったけど、とってもおいしかったです。



Img_1575_2

  唐戸からバスに乗って、下関駅につきました。
いよいよ、最終~電車に乗って2時間~これがまたのんびりとしていい感じなんですよ。


Img_1577

   下関駅のちょうちんはふぐをいっぱい吊ってありました。
何かお祭りでもあるのかな?

Img_1578

  まだ、見慣れてはいないけど、かわいい~
白地にブルーのラインが妙に私のつぼ?


Img_1580

 こちらの電車の色もなじみないけど、レトロなイメージがあるような気がして好きな感じです。

Img_1582

 関西にはこんなのがありません~
あまり電車に乗らないから知らないのだけなのかもしれないけど、自分でドアを開けたり閉めたり、これいいですね。


Img_1583

  電車の外側にはこのボタンがあります。
最初わからなくて、ドアが開いてない??
じっとしていたら横に来た若い女性がこのボタンを押して開けてくれました。
ふぅーん、なるほどって、悦に入ってしまいました。

 

Img_1584

  湯田温泉駅からは徒歩でホテルまで、まだみんな元気だったことと若干ひとりポケモンで、スポットの井上馨候の公園を経由、ここは足湯があってとてもあったかい温泉が流れていました。


Img_1627


 ホテルの横にも足湯、自転車で地元の人が来てにぎわっている感じの足湯でした。

  今回は、この辺でおいておきます。
あとは、晩御飯だけ~
残しておきますね

 急に寒くなってお布団も薄いのではしっかり眠れなくなってきましたね。
もう、散歩コースの桜の葉もはらはらと散り始めて、いつまで残っているかなと。

夕方の陽の落ちるのも早くなって、窓から暗くなった庭を眺めると寂しい気がします。
毎年、毎年こうして日は経ち、過ぎていくのに秋は悲しいようで何かをするにはいい気候~

 心の中にずっとあたためている思い、気持ちを早く少しでも手にして形を残しておこうと思うのに、まずは身の回りを片付けることから始めるとなかなか進みません。
でも、何よりもまずは始める、動かないと始まらない。

 今日は、ブログをひとつ書けた、そんな小さなことからでも始めるのが大事。
ちっぽけな毎日ですが、とても大事で愛おしい生活。
いつまでも大事にしていきたいと思うこの頃です。

また、記憶が薄れていかないうちに書きますね。
また、遊びに来てくださいね~

 

 
にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

2016年10月11日 (火)

門司港レトロで遊ぶ~

  山口湯田温泉の旅、2日目です。

この日も朝からいいお天気です。
昨夜の晩は、トランプをしようということで予定をしていたのですが、二日酔いの人は食事にいただいたお酒がおいしくてまたしっかりと飲酒、ご飯のあとは爆睡です。
そして、御年85歳の義母さんは、いつものことなのですが、お出かけの前の日は嬉しくて眠れなくなるらしく、お父さんと同じく、宿でご飯を頂いたらもう寝るだけ、2人して爆睡~

 そして、私と息子は2人して盛り上がりに欠けるトランプで時間を持て余し、2度目のお風呂に出た息子、私は明日の行程の見直しと準備するも寝付けないお布団でやっと眠れたのは2時過ぎ、眠れるかと思えば、義母さんがトイレに立ち、それを心配そうにに見守る息子~
高齢組の親子はよく寝て、若齢組の親子はしっかりと眠れないままに朝を迎えました。

とても前日に、玄関先で寝ころんでいた人だと思えないくらい、朝からさっさと着替えて朝のお散歩?お散歩と称したポケモン探しに出かけたお父さん、まずは元気で何よりです。

 8時過ぎの電車に乗りたいので、朝食も開始と同時にいただきました。
Img_1354

  洋食の朝ごはんをお願いしていたので、パンにおいしそうな卵に野菜サラダ、ヨーグルト、フルーツともう普段の食事が実に寂しい感じ・・・

Img_1366_2 

   この日は月曜日、普段の通勤、通学の時間帯です。
しっかり食べた朝ごはん、駅までは徒歩15分くらいなので歩きました。


Img_1389_2


  今日の目的地は門司港、山口県に泊まっているのに行先は福岡県の門司港で遊ぶことになっています。

Img_1390_2

  

  また、かわいい電車でしょ~
最初、旅行を思い立った時、お父さんは山口の萩・秋芳洞へ行こうと言ってくれていたのですが、息子から山に住んでいるのに海の見えるところへ行こうということで、下関の関門海峡へ行こうと~

温泉は山口県なら湯田温泉とここは、おやじの威厳というやつで譲れない。
そんなこんなで、昨日新幹線を降りた新山口を通り下関から門司、門司からはJR九州、鹿児島本線門司港まで、やってきました。

2時間も在来線を乗り、周りの景色をながめ、時にはうたた寝、のんびりとした電車の旅です。

Img_1414

  門司港駅はとてもレトロ~
早速、ここでトイレを借りましたが、レトロすぎてちょっとドアが開かないかと心配しました。

Img_1417

  旧門司三井倶楽部、三井物産の迎賓館だそうです。

Img_1438

  旧大阪商船、この辺はたくさんの洋館が並んでいます。
ちょっと、異国的な感じです。

Img_1440

 すぐ、近くに海が見えて、その向こうの橋は関門海峡にかかる関門橋


Img_1450

  たくさんの船が行き交います。
船を見ているだけでも飽きないくらい、きれいな空に海~

Img_1482_2

   大きな建物は、門司港レトロ展望室~
31階の高層ビル、夜景がきれいでしょうね。

Img_1469

  秋なのに夏みたいな感じです。

Img_1472

 桟橋付近で釣りをしているおじさんたち、結構釣れるらしくちょうど釣り上げられた魚が跳ねています。
お刺身にかな?煮つけかな~と晩御飯のことを考えましたが、今日はまだごちそうです。

Img_1479

 お昼ご飯は、お寿司にしました。
一階は回転すし、二階は個室でゆっくりと食べれます。
「海人」さん、お父さんと私は、ねぎとろ丼、息子は本マグロ丼、義母さんはカニ寿司とみんな好きなものを、海が近いだけに新鮮な魚ですごくおいしかったです。

Img_1488

   北九州市立国際友好記念図書館、 北九州市と中国大連市の友好都市締結15周年を記念して建てられたドイツ風建築だそうです。


Img_1490

  

  旧門司税関の中で、ちょっと休憩させてもらってます。
こちらはレンガ造り瓦葺き二階建て建築で、とても天井が高いです。
義母さんも今日は、トレッキングポールで、しっかりと歩いてくださいます。
これがあるとないとで、全然違います。
お父さんも手をつながなくてもいいからスマホでポケモン三昧です。

Img_1496

  ブルーウィング門司、歩行者用の跳ね橋です。

Img_1534

 10時から16時(12時は除く)毎時0分から20分間橋が上がって船が通れるようになります。


Img_1539

 今度は門司港から対岸の下関の唐戸桟橋に向かいますよ。

今日は、張り切って2つも書いてしまいました。
ちょっと首が回らなくなってきた感じがやばいので、この辺でお休みします。

 門司港レトロと言われる門司港周辺は素敵な洋館が立ち並び、歩いているだけでもわくわくします。
2人の男子は、洋館を見学するのはいまひとつだったらしく、これなら巌流島に行けばよかったなどと言ってましたが、それならばもうちょっと計画の段階で話に乗ってくれればいいのにね

 また、このつづきまた書きますので、見に来てくださいね


 

にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

山口湯田温泉の旅

   10月3日から有給休暇が取れたお父さんの休みに合わせて山口湯田温泉に行ってきました。
ずっと、台風18号の影響が旅行の日程にあわせて降水確率をあげてくるので、遊びに行ってもずっと雨模様の旅行かもしれないと思っていました。
しっかり折り畳みの傘をスーツケースに入れていきましたが、出番はなくとてもよいお天気に恵まれて楽しい旅行ができました。

  今回は、初日編で行きますね。


Img_1288

     新大阪駅 10時25分発のぞみ13号に乗りました。
これは、昨年大分県に行った時と同じ、新大阪駅に来るまでの行程はうっすらと残っています。
新幹線に乗ってどこかへ行くときは、京都から乗ることが多かったので、昨年は少し迷いましたが、今回はばっちり~
でも、今回は朝から一人ぐったりな人がいて、タクシーで最寄り駅に行く間際まで、玄関先で横になっていて、「ほんまに電車乗っていけるのかしら?」と・・・・

Img_1292

  

   久しぶりのご対面、この姿を見るだけでわくわく感が高まります。


Img_1294


   新幹線の中では、やっぱり駅弁でしょ~。
昨年、義母さんが冥土の土産のように「新幹線に乗って駅弁が食べたい」、それさえしたらしたいことはないと言って、もうはや一年。
その間にも、どこかへ行くとか何がおいしいとか結構欲はもって張るようなので、まだまだあの世からのお迎えはないかと思っています。


Img_1295

  上の鹿児島黒毛和牛ステーキ弁当は私を含めて男子はこれです。
昨年、男子2人がお肉の入った弁当を食べているのを見て、後悔していました。


Img_1296

   この旅行に、今回も次男くんは参加~
彼の大きな目的は駅弁などいつも食べれないご飯をおもいっきり食べることと海を見に行くこと~。
20代の若さからか2個目の焼き鳥弁当やったかな~。
堪能中です~。


Img_1299

   新山口駅で新幹線を降りここからは在来線に乗りかえて湯田温泉駅まで行きます。
見慣れない列車の色、普段電車に乗らないともう電車というだけで、高揚感です。

Img_1327


  こちらがお世話になった「湯田温泉 ユウベルホテル松政」 さんです。
とても静かで落ち着いた感じ、ホテルの方も若い方が多く、礼儀もできていてそっけない感じはなくて、年配の従業員の方もいらしゃるのだけど、忙しそうな場面は若い方が多くていい感じです。


Img_1355

   ホテルのチェックインの時間に早いので、荷物だけお願いして、湯田温泉近辺の散策です。
ホテルの周りにはポケモンもいるスポットがあるらしく、早速とそちらへ誘導~
ここは井上公園と言って、井上馨候の生誕地らしく、きれいな公園で足湯もありました。


Img_1322

     こちらは中原中也記念館、現国の教科書の詩の部分ではこの方の詩を習いました。
とても感受性の豊かな方なのかな~
フランス語の翻訳もされて、故郷の山口への帰郷を願いながら30歳の若さで亡くなっています。

Img_1324

  お向かいにある狐の足あとでお茶タイムです。

Img_1317

   こちらは次男くんが頼んだゆず茶と酒粕レアチーズケーキ~
いつもはレアチーズケーキは食べないのに酒粕に騙されたぽぃけど、おいしかったらしいです。

Img_1318

   上から撮らないとあまりにも器が小さすぎて写らない~
お月見膳、サツマイモの甘露煮、甘酒、お団子にあんこと抹茶~
これも甘酒に騙された感~、何もかも小さくて関西でははやらへんなぁ~
一口サイズでおしゃれなのを意識してるんかな??


Img_1319

    お父さんが頼んだ中也ラテ~
 お味はそれなり~、飲むのがおしくなるくらい感じがいいのですが、紙コップなのがちょっと残念な感じです。
コストパフォーマンス的にもう少し大きな陶器のカップでの方がおしゃれに思うのは私だけかな?
人員的なことから飲み捨ての方がいいのか、どうもいろんな面から考えてしまう・・・


Img_1320

  中也の机や愛用品が並べてありました。
ここは足湯もあります(200円) 足湯につかりながらのんびり読書の人もいましたよ。


Img_1306

   旅行に出る前に、何の番組やったか忘れたのだけど「飲みたい日本酒」みたいな番組があって、そこで獺祭のことを取り上げていて、山口県に行ったら飲んで帰るかお土産に買ってこようと話していました。

ホテルへ帰る途中、中也記念館の隣の酒屋さんで聞いてみたら二割三分は切らしているけど、三割九分はあったので買ってきました。
普段飲みには高いけど、記念に、味わい深いというか今まで飲んだ中では一番キレキレの感じで、私にはもったいないです。

Img_1338

   さて、夕食~ 初日はあんこう鍋がメインだそうです。
今夜は和食なので、先付はえだ豆の豆腐、なんかいろいろと三種盛りのお造りでおなかが空いていたので、もうバクバクと爆食しました。

Img_1340

   煮物は吹き寄せ芋、甘いあんかけの味付けがおいしくておかわりしたくなります。

Img_1341

   焼き物は鰈柚子庵焼です、モミジの葉が邪魔をしていますね。

Img_1349

   蒸し物は茶わん蒸し、家では苦手な子がいるので滅多に作らないので、うれしいです。
これもお出汁の味が良くてきめの細かい卵がおいしかったです。

Img_1343

   次男くんは魚が苦手で、今回の旅で一番心配なのは魚料理がいっぱい出てきたら食べるのあんの?と・・・メインがあんこう鍋ってきついわ~と・・・
それが意外とちゃんと食べてますやんか?
どないなってんの? 家でもちゃんと食べてほしいわ~。とちくり~

Img_1350

  揚物、ふく唐揚げ、少し骨が多い気がしましたが、あっさりとした味でした。
山口と言えばふく、本格的なふくの時期ではないからなぁと思っていましたが、やっぱりあるとうれしいですね。

Img_1351

  あさりの釜飯に赤出汁、香の物。
少し薄味のご飯でしたが、赤出汁が濃いのでちょうどいい感じです。
香の物も変わった小さなきゅうり、こちらもさっぱりとしておいしかったです。


最後に、水菓子は巨峰と柿、食べれなかったので、あとで部屋に運んでくださいました。

毎日、晩御飯に悩んでいる主婦の私、この日と次の日は本当に極楽でした。
旅行は非日常な生活を味わう、楽しむ出来事、帰ったら現実は怖いけど、楽しい旅行を考えて行動する、これも生きていく人生の一部として大事なことだと思っています。

 出発時に前日の地域のお祭りで飲みすぎたお父さん、二日酔いもお昼過ぎには楽になったのでしょう。
本当に心配したけど、彼の目的は山口のポケモン探しの旅らしくげんなりしてられないというのが復活の源とはなんとも情けないような良かったような??

 また、2日目の記事もアップしますので、待っていてくださるとうれしいです。

では、この辺で~


 

にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

2016年9月29日 (木)

奈良公園をダッシュで駆け抜けた感じ~

   このところお天気が良くなくて、また台風が発生!
 いつぐらいに接近するのか気になるところです。

 秋分の日からの連休に少しおでかけしてきました。
おでかけするなんてひとつも思っていなかったので、びっくりしましたが、理由はひとつ。
お父さんが、ポOモンをしたいから近場ですぐに行って帰ってくることができる奈良公園に急に行くことになり、理由はどうであれ、久々の奈良公園です。

 Img_1091  

  やっぱり奈良公園はこれですね~
鹿、しか、シカにつきます。
どこに行っても鹿でいっぱいです。
鹿のふんと鹿せんべいの売り子さんもさらにお隣の国のひとも・・・


Img_1092

  鹿せんべいを買った人がいるとそこへ群がって行く鹿。
奥には観光バスがいっぱい、この辺はメインの観光コース
鹿とお隣の国の方の言葉が飛び交って、日本の方を探すのが大変です。



Img_1143

  きれいな芝、手入れが大変でしょうね。
東大寺、いつきても圧倒されます。


Img_1153

  こちらも迫力満点、いつも年越しの大掃除にTVのニュースでお顔を拝んでいるけど、この日は間近で、拝めます。


Img_1158

   しっかりと名前を見てこなかったのですが、こちらの方にするどく自分の心を射抜かれたようになってしまいました。
なんでかなぁ?



Img_1172

   大きな釣鐘があります。
 前に来たときはここへはきませんでしたね。



Img_1174

   つりがねの鐘の厚さ、すごいでしょう~



Img_1182

   ここ二月堂もお水取りの松明が走っていくのをニュースで見るけど、今日はゆっくりと上がっていきます。
この辺は静か、観光コースから外れているらしく、騒々しくなくてよかったです。


Img_1204

  二月堂のお堂の前から奈良の街を眺めています。
東大寺の屋根も見えていますね。


Img_1214

 

   歴史の教科書に出てくる、校倉造りの倉庫。


Img_1217

   若草山の前で、眼があった鹿。
たぶん、「おばちゃん、せんべい持ってないの?」って・・・
初めはせんべい買って鹿とたわむれる?なんて思ってたりもしたけど、やっぱり怖い~。
手が届くところに普通に鹿がいるのだけど、私は触ることもできなかった。



Img_1227

   前に来たときは若草山の山頂に登ったけど、今回は雨の予報が出ているので、雨が降る前に奈良公園をあとにしたいから、パスです。



Img_1232

   こんな素敵なお茶屋さんがあったのだけど、がっつり系のご飯がなかったような気がして、とおり過ぎてしまいましたが、この先、ご飯屋さんがない。
大失敗です。もうおなかペコペコです。



Img_1242

  春日大社まで来ましたよ~。
何と、今日は佳き日、結婚式をあげられる方と遭遇、めでたいわ~。
おめでとうございます。末永くお幸せに。



Img_1247

   紅い柱、やっぱりここへ来たらこの色~
心癒される春日大社のシンボルカラー。


Img_1260

   べっぴんさんな巫女さん、頭には藤の花の飾り物をつけていらっしゃいます。


Img_1281

   猿沢池まできましたよ。
本当は、往きにこの池を通ってと思っていたのですが、何やらぽOもんでスマホに一所懸命のお父さんに変な道を通って県庁方面に連れていかれたので、最後にかすって歩いた感じ。
今度はここで、ゆっくりしたいなぁ~


Img_1284

  コンビニもシック、奈良の街にひったりですね


Img_1287

   JR奈良駅、昔は暗くていかにも国鉄という感じでした。
今はすごく素敵になって、明るい駅になっていました。
この建物は、昔の面影を残す貴重な奈良の建造物ですね。


       いつもありがとうございます。

  おしゃれなごはん屋さんもあったのですが、観光客のすごいことでパス。
昭和的な食堂に入ったら空いていて、すぐにごはんにありつけました。
もう、奈良公園はどこかのお店に入らないとうかつに腰も下せません。
休憩も二月堂でちょこっと腰を下ろしただけで、お昼ご飯のおいしかったこと~

 雨はごはんを食べているときに降っていて、運よく駅までの道は雨にあわずに帰ってこれました。
4時間くらいの滞在時間であわただしく帰ってきたけど、休憩を挟まないといけませんね。
2万歩近く歩いて、ちょっとくたびれました。

  お父さんもどうやらたくさんいいことがあったらしく、にんまりしてご機嫌。
ご飯目当てで一緒に来た次男くんも2人分食べて、うまかったと~

 私は、久々のデートと?と思いましたが、ぽOもんしか頭になかったお父さんと歩いていてもいまひとつ、息子が来てくれてよかったと~。
ちょっと先が思いやられる感じ、いつまでこの熱は冷めないのか心配です。

  まぁまぁ、楽しかった奈良公園~

  

 返信、遅くなるかもしれませんが、遊びにまた来てくださいね。

 
にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

2016年9月17日 (土)

彼岸花祭り

  今日は、さわやかな秋晴れです。
また、台風がこちらに来るとのこと、大きな被害が出ないことを祈るばかりです。

 お彼岸のお墓参りに行き、この17・18日と彼岸花まつりでたくさんの人で忙しくなるので、それより前に案山子ロードでかかしを見てきました。
18日は台風の影響で雨が予想されているので、かかしも風雨で傷んでしまいそう。
今年もたくさんの力作のかかしがあちこちにたって、にぎやかになっていました。

 Img_0996

  最初にお出迎えしてくれていたのは、シンクロチームのようでした。
今年のテーマは、「棚田 de   オリンピック」だそうです。

Img_1003

 これは、かかしではなく電柵の装置らしいです。
棚田のあちこちに張りめぐらされています。


Img_1005

 柔道、今年も素晴らしい成績を残してくださいましたね。


Img_1007

  陸上のリレーのようです。
日本の男子400mリレーは、何度見ても興奮しました。
バトンパスがうまくいくか行かないかで、勝敗の行方が左右される見どころのひとつでしたね。


Img_1008

  パラリンピックも今、リオで好成績をおさめられているようで、うれしいですね。



 Img_1009

  実は今年は、彼岸花がまだ少ししか咲いていません。
見ごろは、秋分の日前後らしく、棚田のあぜ道に赤い彼岸花の帯ができるようにはなっていません。

所々に咲く彼岸花、それでも赤く咲く彼岸花は夏が終わり、初秋の感じが出て癒されます。


Img_1011  

   かえるさんの重量挙げのようです。
 軽々と持ち上げられたようですね。


Img_1012

  オリンピックの間、日本の選手の方が出てこられるのを今か今かと待って、応援していたのを思い出します。



 Img_1017

   今年のジャンボかかしは、「真田幸村」らしく威風堂々と立っていました。

Img_1018


  こんなに味わいのあるかかし、小さなマスコットを作るのも大変なのに表情豊かにとてもかわいいですね。


Img_1030

  このポーズは、陸上で有名な方ですね、きっと~
足の長さに驚き、とても大きな1歩にあの記録が生まれるのですね。


Img_1033

  ここでは、かわいいイノシシのかかしも実はこの時期、とても悪いことをします。
先ほどの電柵もこのイノシシからの被害を食い止めるためのものです。
イノシシに入られたたんぼの収穫まじかの稲は、めちゃくちゃに荒らされてひどいことになっています。

 たんぼ一枚分の稲は、べったりと地面にはりつくようにこかされてしまい、イノシシのにおいのついた米は食べれなくなります。
刈り取ることもできず、冬になって枯れるまで放置されて燃やしてしまわないといけないそうです。

 たんぼの土を作り、もみまき、田植え、除草や殺虫の作業、水の管理と刈り取るまでたくさんの工程を経て、やっとおいしいお米になるまでのことを思うとイノシシの仕業は許せません。
イノシシも子どもを育て、生きていくための仕業なのかもしれないのですが、里山に降りてくることも何か原因があるように思えます。


Img_1042

  秋の収穫前に忙しくしている父母、収穫してきたぶどう、そしてお彼岸のお供えにと菊の花を持たせてもらって帰ってきたお墓参り~
だんだんと体が若い時のように無理もきかなくなってきているようだけど、元気にしていてくれるそれだけでありがたい気がします。
いつまでも「彼岸花が咲くから見においで」といってもらいたいです。



    いつもありがとうございます

  

  棚田を染める彼岸花を想像して行っただけに、まだ青い棚田とちらほら咲きの彼岸花
ちょっとだけ残念、でも以前に手伝いに行ったときに見たあの人出を思うと平日の方がまだ人も少なくてゆっくりとかかしを見て回ることができました。

 1か月あまり観光地になってしまう、母曰く、「嫁いできたときはこんな風になるとはだれも思っていなかった」、私もまさかこんなになるとは想像もしなかったことです。

 若い世代が少なくて、過疎化が叫ばれています。

期間限定の観光地であって、その間はにぎわい、そこに生きる人に少しの張り合いが生まれるのはいいことです。
でも、私の中にはやっぱり昔懐かしいままの原風景であってほしい。
にぎわいの中にみた寂しさというものかもしれないですね。

 この17・18日とそして彼岸花が終わるまで社交家の父が商売繁盛して忙しいと元気にしてくれているのが何よりの幸せなのかもしれませんね。

   また、遊びにきてくださいね~


 


 



  

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

2016年8月23日 (火)

元気ですよ~

   お久しぶりです~
もうブログ書くのを忘れてしまったかのように、放置していました。
以前のように書くのが楽しみっていうほどの情熱は薄らいでいるのかもしれませんが、ブログを書くことでここに来てくださっている方がたとの縁は薄らいではいませんよ~

 ちょっともえぎさん、忙しくしてはったんやなぁっておもっといてくださいね。

 忙しくてんてこ舞いの毎日を過ごしている間に、オリンピックも高校野球も終わってしまいました。
そして、私の夏の行事も無事に終わり、これから秋に向けてのダイエットと冬ごもりの準備をしなければなりません。

 なんで?秋にダイエットなん?って思われるかもしれませんね
冬は必然的にもう寒いとあったかい飲み物におやつという私のこたつ生活がはじまります。 
その前に痩せておかないといけません。
それと自分でも気にはなっていたのですが、いつもと同じようにご飯を食べて運動していても体重の減り方が少ないのとおなか周りの脂肪が落ちにくくなって、おなかぽっこりがめだってきました。
近所のおじさまに、「妊娠してるの?」とセクハラちゃうんと言いたくなるような発言をされたりとして、一大決心?にしてはゆるゆるな気はしますが、ご飯の量を減らして、できるだけ歩く、おやつはおなかの虫がなくまで食べない。
夜のアイスは食べない。と自分の中でのルールはできたのですが、どのくらい続くのか、痩せることはできるのか冬になるまでわからないですね。

でも、おなか周りの脂肪がとれたらはきたいジーンズがあって、それのために負けずにやらなくちゃね。

 それと本当におなかぽっこりのせいで、胸やけが多くなってきたのとカラオケで歌を歌うのに座っていると腹式呼吸がしづらくて歌いにくい、さらにお父さんに、「どうにかしないとちょっとやばい」と言われてしまった。
こっちの方が気分的にはつらいです。
やっぱり本気をだして、はげまないかん、でも毎日ごはんがおいしいんですよね~


Img_0862


 お父さんがお盆休みの間は早起きで、朝陽を背にして朝ごはん前の散歩をしていました。
振り返ったときに見える日の出、こんなにきれいな朝を感じることができて早起きは三文の徳です。



Img_0870

  若い時は朝陽を見るなんて特別な気持ちもわきおこらなかったけど、朝陽をみて手を合せておられる方の姿を見たとき、この方は毎日こうして合掌してはるんやと不思議と小さな感動が芽生えてしまいました。
毎日、何ら変わりない平凡な日々を過ごしているけど、この平凡な安穏できる毎日が本当は一番大事なことなのかもしれないとこの頃思います。



Img_0889


   夏の行事のひとつ、お父さんの赴任先に掃除に行くこと、今回は帰りにJR松阪駅に寄ってもらい、松阪のおみやげを見に行きました。
まつさか交流物産館には、たくさんの品々が並んでいて悩みました。
松阪牛せんべいは、家で待っているこどもたちに本物の松阪牛は高くて手が出ませんが、おせんべいならね。

それとやっぱり伊勢にきたら、赤福~。
おみやげの写真は食べてしまってありませんが、両方ともおいしかったですよ~。





Img_0892

   そして、、このパン屋さん~
駅の入り口にすごくいい香りが立ち込めていて、思わず入ってしまいました。
おなかが空いていたら絶対、ここでeat in していたと思うくらいおいしそうなパンがずらりと並んでいました。


Img_0909


 次の日の朝ごはんに、買ってきたパンを出したらすぐに売り切れ状態~
こんなにおいしいパンを焼きたい~、今年は食パンしか焼いていないです。



Img_0954


   そして久々に懸賞あたりました。
 丸O屋の麻婆豆腐の懸賞でお米が当たるのだったのですが、Wチャンス賞で商品詰め合わせをいただきました。
こっちの方が断然いいです。
懸賞に出していたらよくあたる方なんですが、こまめにはがきを書いたりするのが億劫になっていて、応募券がたくさんたまっていたのと企業さんの方から懸賞はがきを送ってきてくださるので、運よく当たりましたね。
ジャージャー麺おいしかったですよ~


    いつも来てくださってありがとうございます。

  ひさしぶりのブログ、書いていると楽しいですね
こどもに「おかあさんは語彙力が少ないから書けるん?」と言われていますが、本当に自分でもこの頃本を読むことが少なくなって漢字もやばい感じです。
まだ、新聞も離さなくても普通に読めるのですが、針に糸を通すのはできなくなっています。
時間ができたら読むつもりの本がたまっています。
お父さんは移動の電車の中で読むことができるので、月に相当読んでいるようですが、最近はポ0モンで読んでいないのかも~
本も読みたいし編み物もタペストリーも作りたい、気持ちだけはどんどん膨らむのにやる気までの時間が長くて、こんなことをしていたら自分の生きてきた証は残せるのかとそんなものは子どもたちにはごみにしかならないだろうけど、今を生きる自分の日々の暮らしの中でみつける楽しい時間を作る形はやっぱり残していきたいですね。
これからせっせと自分の足跡を作ることをしておこう~。
まだ、終活には早いからそれまでに自分のしたいことをする。
そのためにはしっかりと動いて頭を働かせないといけないですね。
暑さでぼぉっとしている頭も気持ちは秋に向かって食欲の秋、芸術の秋にひと足早く切り替わって動き出しますね。

 少しずつ夜が明けるのが遅くなってきています。
まだ、日中は暑いですが、朝夕時々秋の気配を感じる時があります。
風の冷たさも少しだけ秋、まだまだ気は早いけどどこからか秋なのかもしれないです。
お店に出ている秋物の服もまだ、手はとおせそうにないくらい暑い、でももうすぐそんなシックな秋色の服にも心やすまる時がくると思うとまた楽しくなってきますね。

今度はどんなことをブログに載せることができるでしょうか。

 また、よかったら遊びに来てくださいね~






にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ